【FXトレード結果(12月10日・11日)】負けが込んだら、一度トレードを中断する。

FXブログ要望ゼロの状態で突如として始まった、FXネタシリーズ。まだまだずーっと続きます(苦笑

昨日のFXトレードの結果は、▲8,390円(-42pips)というお寒い結果に。一時は▲15,000円(-75pips)くらいに落ち込んだのですが、

あまりに悔しくて寝れなかったので、NY市場がOPENしている深夜2時~4時に再びトレードして、約35pips獲って少し損失を減らしました。

今日のFXトレード結果は、+4,320円(+21.6pips)で目標の20.0pips達成して、午前中早々にトレード終了。

目標pipsを達成したら、為替相場に感謝してスパッとトレードを切り上げるのは、今週学んだ教訓でした。

ここで、「昨日の損失分を取り返すぞ!」と鼻息を荒くしても、自分の都合など考えてくれないのが為替相場ですから、きっと痛い目にあっていたことでしょう。


スポンサード・リンク

昨日も今日も、かなり大きいボラティリティの強いダウントレンドでした。

利確幅も大きくできますが、その分だけ損切り幅も大きくしなくてはならず、最大8pipsにLC幅を設定していました(私はスキャルピングをしているので、LC幅・利確幅共に小さいです)。

昨日の敗因は、ダウントレンドで順張りで10.0pipsとか獲れたのに気を良くして、

ダウントレンドが一段落した or ダウントレンドが転換したのに気付かず、

「まだまだ下げるはず!」

と盲信し、ショートポジションを摂り続けたことでした。

そして負けが込み、ルール外のトレードを何回かしてしまったこと。

それで完全に冷静さを失い、さらに損失を重ねてしまいました。

「ガツン!と大きく獲って、損失を一気に埋めちゃおう!!」

などと思っていたのも損失額が大きくなってしまった原因だったと思います。

 

疲れたのと、眠くなったことで、一旦トレードを終了して、再開後は頭がスッキリして、

「コツコツと損失を小さくしよう」

と考えなおし、慎重にルールに沿ったEntryが出来るタイミングを待ち、トレードを繰り返しましたところ、35pips程度獲ることが出来ました。

数時間トレードを離れ、スッキリした頭でトレードを再開出来たのも良かったのだと思います。


スポンサード・リンク

一方、本日12月11日は、トレード回数は4回のみ。

強いダウントレンドのトレンド調整で、一時的に急激なアップトレンドになったところで上手くトレンドに乗る事ができ、

数回のトレードで目標である20pips獲ることができました。

さらに利益を伸ばして、昨日の負けを取り戻そう!とならなかったのは、一回痛い目にあったからです。

そこらへんのことは、前回の記事『【FXトレード結果(12月9日)】その日の全体的なトレンド・流れを掴んでからトレードすべし』に書いていますので、もし参考になれば幸いです。

本日(&昨日)の教訓

  • 負けが込んだら、一度他のことをしたり寝たりして、相場を離れる。
  • トレンドの転換に気づき、認める。
  • 損失をいっぺんに取り返そう!などと思わない。為替相場は個人の都合など考慮してくれない。
  • ルール外のentryをしない。慎重にルールに従ったEntryが出来るタイミングを伺う。

スポンサード・リンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • 0
  • 1
  • 0

0 comments