サイバー攻撃をリアルタイムで世界地図に表示しているサイトが面白い

サイバー攻撃って聞くと、あまり自分には関係ないかな・・・

と思いがちです。

しかし、サイバー攻撃・サイバー戦争は今現在、リアルタイムで世界中で繰り広げられているのです!

このように!↓

サイバー攻撃世界地図

このGIF画像、とあるサイトのスクリーンショットです。

とあるサイトとは、米国セキュリティ会社のNorseが公開している、IPViking Liveというサイト。

世界中で発生しているサイバー攻撃を、ミサイル攻撃のように表示しています。

かなり臨場感のある描写で、結構ずーっと見てられます。男子は少しワクテカしてしまうのではないでしょうか。


スポンサード・リンク

画面左側には、サイバー攻撃の発信元(攻撃者)の国がランキング表示され、画面右側にはサイバー攻撃を受けている側の国がランキング表示されています。

どちらのランキングも、アメリカがトップです(笑

アメリカは世界中からサイバー攻撃を受け、世界中に反撃している感じです。

そう考えると、サイバー攻撃の世界と、実際の世界って実はかなり似ているのかもしれません。

幸いなことに、日本はあまり攻撃もしていなければ被害も受けていません。

 

現実の世界では、アメリカと中国の対立は顕著化しておらず、軍事的衝突は起きていません。

が、サイバー攻撃の世界を見てみると、すでに戦争しているんじゃないか?というほど弾が飛び交っています。

 

どこの国とどこの国が敵対関係にあるのか?

サイバー攻撃の世界地図を眺めてみると、それが何となく分かる気がします。

 

上で紹介したサイト以外にも、地球儀状の世界地図でのサイバー攻撃の様子が分かるサイトもあります。

それが、ロシアのセキュリティ会社Kaspersky(カスペルスキー)社の提供する、CYBERTHREAT REAL-TIME MAPです。

暇つぶしにはもってこいのサイトです。


スポンサード・リンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • 0
  • 1
  • 0

0 comments