【iPhone】画面を片手でピンチアウトして拡大する方法

ipad-249417_640

iPhoneで片手でピンチアウトして画面を拡大する方法!?

 今や、電車の中でも授業中でも仕事中でも(!?)みんなスマホを常に手に持っています。

「みんなスマホで何してんの?」

と思うほど。私も人のことをとやかく言える立場にはなく、四六時中iPhoneを手許に置いています。

例えば、一人でお昼ごはんを食べる時などは、暇なのでiPhoneを左手に、お箸を右手に持ちながら食事しています。お行儀が悪いですが。

私の場合、片手でiPhoneを操作するのに不自由を感じることはあまりないのですが、

画像やスマホ表示に最適化されていないHPを拡大したいとき、ピンチアウトするのに片手だとさすがに厳しいです。

「これがiPhoneの、いや、Appleの限界か・・・。」

などと一人思っていたのですが、

iPhoneで、片手で簡単にピンチアウトすることが可能ってご存知でしたか?


スポンサード・リンク

片手でピンチアウトするには、Assistive Touchを使う

iPhoneで片手でピンチアウトして拡大させるためには、iPhoneの「Assistive Touch」という機能を使います。

Assistive Touchの設定方法や他の使い方は、『Assistive Touchのカスタマイズ方法と実用的な使い方』のページにて詳しく解説していますので、ここでは、Assistive Touchを使って片手でピンチアウトする方法をご説明します。

【片手でピンチアウトする手順】
Assistive TouchをONにすると現れる「白い◯」をタップ

よく使う項目をタップ

ピンチアウトをタップ

assistivetouch活用方法assistivetouch活用方法

すると、両端に◯が付いたヒモみたいなものが画面に表示されますから、両端のどちらかの◯をタップした状態でスライドさせると、ピンチアウトさせることが出来ます。

Assistive Touchの操作画面はなぜかスクリーンショットに撮ることが出来ないので、画像で説明することが出来ないのが残念ですが、どちらにしても文章では説明しにくい操作です。

ただ、1回ピンチアウトしてみれば、「こんな感じか」とコツが直感的に掴めますから、大丈夫だと思います。

 

この片手ピンチアウト

片手でしかiPhoneを操作できない!したくない!

という状況が多い場合には、かなり重宝する機能です。是非お試し下さい。


スポンサード・リンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • 0
  • 1
  • 0

0 comments