天ぷらや揚げ物の太らない食べ方って!?

 

天ぷら

天ぷらって美味しいですよね。

美味しい天ぷら屋さんで、天ぷらを味わう度に「天ぷら考えた奴って天才!!」と感動しています。

ですが、天ぷら、揚げ物であるがゆえに高カロリーで太りやすいと考えられています。

私も学生時代のような基礎代謝が無くなったせいか、食べた分だけきっちり太るようになってきました。

そこで、今回は「天ぷらや揚げ物を食べても太らない食べ方」をリサーチしました。

天ぷらや揚げ物の太らない食べ方には、色々と工夫があって面白いですよ。


スポンサード・リンク

天ぷらや揚げ物の太らない食べ方

天ぷらを食べても太りにくい食べ方には、色々と種類があります。順を追ってご説明します。

一緒に食べる食べ物を工夫する

天ぷらや揚げ物のカロリーが高いのは、揚げる際に使う油(脂肪)のせい。

天ぷらを食べる際には、脂肪の吸収を緩やかにしたり、脂肪の燃焼を助けたりする役割を持つ食べ物と一緒に食べましょう。

■ 脂肪の吸収を緩やかにする食べ物を一緒に食べる

  • 食物遷繊維とたっぷり含んだ野菜(緑黄色野菜のサラダ)
  • ごぼう
  • 里芋や山芋

■ 脂肪の燃焼を助ける食べ物を一緒に食べる

  • わさびやカラシ、しょうがなど(辛味成分)
  • レモンや梅干し(クエン酸)

■ 消化酵素が含まれている食べ物を一緒に食べる

  • 大根おろしで食べる(大根には消化酵素が含まれる)
  • ニンジンおろしで食べる(ニンジンに含まれるペクチンが脂肪の吸収を妨げる)

このように、天ぷらや揚げ物を食べる際に一緒に食べる食べ物を工夫すると、

脂肪の吸収を穏やかにしたり、脂肪の燃焼を助けることができます。

考えてみると、天ぷらには大根おろしやニンジンおろしが付いて来ることが多いですよね。また、揚げ物であるトンカツには必ず食物繊維たっぷりのキャベツの千切りが付いてきます。

昔の人は自然と天ぷらを消化しやすいよう工夫していたのかもしれません。

フライにはレモンをかけますし。

 

次です。天ぷらや揚げ物を食べる時間帯に気をつけましょう。

天ぷらや揚げ物は夜に食べない

天ぷらや揚げ物は夕食に食べるイメージがありますが、夜に夕食として天ぷらを食べるのはあまりよろしくありません。

夜に高カロリーで脂肪の多いの食事を採ると、その後の運動で代謝することが出来ず、身体の脂肪として蓄積されやすいからです。

また、午後10時以降、脂肪の吸収を促進する酵素の働きが活発になるため、さらに脂肪の吸収が進んでお肉として蓄積しやすくなります。

天ぷらを食べるなら、お昼のランチにしましょう。

ランチに食べれば、その後の活動でエネルギーが代謝されますから、夜に天ぷらを食べるよりも太りにくくなります。

どうしても夕食として天ぷらを食べたいのであれば、19時までに済ますようにします。

19時程度であれば、その後の活動時間もある程度ありますし、夜遅くに食べるよりはだいぶマシになります。

 

夜にガッツリ天ぷらを食べてしまったら・・・

とはいっても、大人の付き合いで夕食に天ぷらや揚げ物屋さんに行くことはありますよね。

その場合にも、太りにくくする対処法があります。

  • 翌日の摂取カロリーを抑える。
  • 揚げ物以外の食べ物を出来るだけヘルシーなものにする
  • 運動する

などです。

天ぷらで多めに取ってしまったカロリーは、どこかで調整しないといけません。いけません、というよりそうしないと確実に太ります。

ですから、天ぷらを食べているときの付け合せの料理を出来るだけヘルシーな野菜類にしたり、

翌日のメニューを軽い物にしましょう。

それを忘れた場合には、おとなしく運動をしましょう(笑

美味しい天ぷらを食べた代償といってもいいかもしれません。

 

天ぷら・揚げ物を食べるときの注意点【番外編】

天ぷらを美味しく食べるコツについてもお話します。

お店で食べる天ぷらや揚げ物は、基本的に揚げ物ですから、問題なく美味しいのですが、

お家で作る天ぷらや揚げ物は、揚げたてではないことがあります。

出来合いの揚げ物などは、揚げてから確実に時間が経過していることが多いと思います。

揚げてから時間が経ってしまった揚げ物は、油が酸化してしまっています。

酸化した油は、健康にかなり悪いですので、

お家で食べる際には、出来合いのもの(お惣菜)は極力控え、自宅で揚げるようにしましょう。

揚げる際には、酸化に強い油であるオリーブオイルを使います。

また、お店のようにたっぷりの油で揚げる必要はありません。

少量の油で「焼くように揚げる」ことで、油の量をコントロールすることができます。


スポンサード・リンク

天ぷらを食べても太らない食べ方のまとめ

  • 夜に食べない
  • 食物繊維を含む野菜と一緒に食べる
  • 大根おろしや人参おろし、レモンやわさびなどで食べる
  • 夜に天ぷらを食べてしまったら、翌日以降の食事で調節する
  • それも出来ないなら少し運動する
  • 自宅ではお惣菜の揚げ物はあまり食べず、オリーブオイルで揚げた揚げたてのものを食べる

これで大好きな天ぷらや揚げ物を、ストレス無く思う存分食べられますね!
ストレスの無い生活が、健康への第一歩といいますから!


スポンサード・リンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • 0
  • 1
  • 0

0 comments