【シリーズ『集団的自衛権』2】多国籍軍・PKOに参加している自衛隊は武器を使用出来ない!?

社会政治経済

昨日2014年5月15日、いわゆる安保法制懇報告書が安倍首相に提出され、

集団的自衛権行使を限定的に容認するよう、憲法解釈に係る政府見解を変える方針が明確になりました。

公明党との与党間協議がスムーズに行けば、集団的自衛権は限定的に行使出来るようになります。

 

前回の記事「シリーズ『集団的自衛権』1」では、日本の集団的自衛権行使を限定的に容認すべき理由の1つとして、

日米同盟の形骸化を防止する

という目的があることを主張しました。


スポンサード・リンク

要は、集団的自衛権の行使が一切できない現状の憲法解釈下では、

「日本のピンチの時にアメリカは助けるけど、アメリカのピンチの時は日本は何もしないよん♪」

という、アメリカからしてみれば「はぁ?」という状況でした。

 

このような一方的な同盟関係を修正し、

正常な同盟関係に直すためにも、集団的自衛権の行使を限定的に容認するべきだ、というのが安倍内閣の方針です。

 

限定的に集団的自衛権の行使を容認するとはどういうことか?

では、限定的に集団的自衛権の行使を容認するとはどういうことでしょうか?

この点については、政府はまだその要件を明確にしていませんが、安保法制懇報告書では、集団的自衛権を行使できる要件を以下のように整理しています。

我が国と密接な関係にある外国に対して武力攻撃が行われ、その事態が我が国の安全に重大な影響を及ぼす可能性があるときには、我が国が直接攻撃されていない場合でも、その国の明示の要請又は同意を得て、必要最小限の実力を行使してこの攻撃の排除に参加し、国際の平和及び安全の維持・回復に貢献することができることとすべきである。そのような場合に該当するかについては、我が国への直接攻撃に結びつく蓋然(がいぜん)性が高いか、日米同盟の信頼が著しく傷つきその抑止力が大きく損なわれ得るか、国際秩序そのものが大きく揺らぎ得るか、国民の生命や権利が著しく害されるか、その他我が国へ深刻な影響が及び得るかといった諸点を政府が総合的に勘案しつつ責任を持って判断すべきである。

文章引用元

安保法制懇報告書の提言内容をどこまで政府が採用するかは、不透明ですが、上記の文章を読む限りでは

集団的自衛権の行使には、時の政府が総合的に勘案しつつ判断する、ということが提言されています。

 

今後の動向ですが、おそらく全面的に政府に判断権を付与するというフレームでは、

公明党が大反発すると思われますから、何かしらの明文的な要件が定められることになると考えられます。

 

さて、昨日の安部首相の会見では、個人的に気になる部分がありました。

 


スポンサード・リンク

 

安倍首相は、自衛隊PKO派遣部隊の武器の使用を許さない?

昨日の会見で、安倍首相は集団的自衛権行使の限定容認について積極的な姿勢を示すと同時に、

以下のようなポイントを主張しています。

1.多国籍軍やPKO(国連平和維持活動)での武器使用を全面的に認めることはしない。

2.自衛隊が武力行使を目的として、湾岸戦争やイラク戦争での戦闘に参加するようなことは、これからも決してない。

2.は、当然です。

アメリカとしては日本にも参加して欲しいところですが、日本は憲法で平和主義を掲げている国です。

イラク戦争などの無用な戦争には参加してはいけません。

 

 

PKO派遣自衛隊部隊には全面的な武器使用を認めるべき

しかし、個人的に問題だと思うのは、1.の方です。

これまで、PKOとして派遣されていた自衛隊の部隊は、現地で「自衛のための武器使用」は認められても、

例えば、近くの他国部隊が攻撃に遭い、ピンチのときでも駆けつけて助けることが出来ませんでした。

PKOは、たくさんの国が一体となって目的を達成することを前提としています。

ですが、日本の自衛隊は、その役割を十分に果たせないでいるのです。

もし仮に、他国のPKO部隊を日本の自衛隊が見殺しにすることで、その部隊が全滅した場合、

日本への国際的な非難は決して避けられません。

 

幸い、今まではそうした事態は起こっていませんが、今後そのようなことが起こる可能性が十分にあることを政府は認識すべきです。

 

ですから、PKO派遣自衛隊部隊には全面的な武器使用を認めるべきです。

 

多国籍軍へ参加する自衛隊には一定の制約を

PKOに参加する自衛隊部隊には全面的な武器使用を認めるべきですが、多国籍軍へ参加する自衛隊となると話は別です。

PKOは国連の決定によって、紛争地帯に派遣される活動部隊ですから、国際的な世論・意見が統一されていることが前提になります。

 

一方、多国籍軍の場合は、異なります。

例えば、先のイラク戦争の際、アメリカ・イギリスが主体となって多国籍軍が組織され、イラクを攻撃しました。

このイラク戦争の際、国際的な世論は真っ二つに割れていました。

「本当にイラクに大量破壊兵器はあるのか?」

「アメリカが出した証拠は本当か?」

国際的な意見が一致していないまま、アメリカが主導してイラクに攻撃をしかけました。

 

日本はアメリカの同盟国ですから、今後も多国籍軍への参加を要請されることが想定されます。

その際に、自衛隊の全面的な武器使用を認めてしまっては、先のイラク戦争のような戦争や紛争が起きた場合に、

現地で日本の自衛隊が戦争に加担することが出来てしまいます。

 

アメリカは、自国の利害のためにはためらわず戦争を起こす国です。

多国籍軍への参加と、その際の全面的武器使用許可は、日本の自衛隊が「戦争が出来る軍隊」になる危険性が高いので、私は絶対に反対です。

 

要は、

PKOでは鉄砲バンバン撃ってOK。

多国籍軍では制限しないとダメ。

こういうことです。

 

あなたの意見はどうでしょうか?


スポンサード・リンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

0 comments