Windows10のシャットダウンが超簡単になるショートカットボタンの作成手順

Windows10のPCの電源をオフにするとき、画面左下のボタンをクリックして、次にボタンをクリックして、「シャットダウン」をクリックして・・・とやるのって、ちょっと面倒ですよね。

ということでこの記事では、そんな小さなイライラを解消するかもしれないダブルクリックするだけでPCをシャットダウンできる「電源OFFボタン」の作り方を図解でまとめてみたいと思います。

Sponsored Link

完成形はこんな感じ

Windows10のデスクトップにシャットダウンコマンドのアイコンを設置

アイコンは好きなデザインに変えられます

ダブルクリックするとWindows10がシャットダウンする電源OFFボタン、見た目はこんな感じです。

私の場合、通常のフォルダやアプリのショートカットとは分ける意味で、右側に置いています。

ダブルクリックするとPCがすぐにシャットダウンされますし、ショートカットキーを割り当てればマウス操作なしでのシャットダウンも可能です。

電源OFFボタンの具体的な作り方

PCシャットダウンのショートカットアイコン作りは、

  1. shutdown.exe のショートカットをデスクトップ上に新規作成
  2. お好みでアイコンのデザインをカスタマイズ
  3. ショートカットキーの割り当て

という流れです(「流れ」って程の作業ではありませんが…)。

2. と 3. に関してはオプション的な位置付けですので、やらなくてもOKです。

では、順番に見ていきましょう。

shutdown.exe のショートカットの新規作成

シャットダウンコマンドのショートカットアイコンの作り方01まず、デスクトップ画面の何もないところを右クリックし、新規作成(X) > ショートカット(S)と進んで選択します。
コマンドの内容をコピー・アンド・ペーストで入力

コピペで入力

すると、「ショートカットの作成」という名前のウィンドウが出てきます。

次に、そのウィンドウの真ん中あたりにある「項目の場所を入力してください」の枠の中に、↓の文字列をコピー・アンド・ペーストで入力します。

C:\Windows\System32\shutdown.exe /s /t 1

ご注意
文字列の中の半角スペースは消さずにそのままマルっとコピペしてください。半角スペースを入れないときちんと動いてくれません。

ちなみに

上の文字列の意味はこんな感じです。↓

  • /s
    → 「シャットダウンしてね。」という意味。「/r 」だと再起動、「/l 」だとログオフします。
  • /t 1
    → 「1秒後にシャットダウンしてね。」という意味。数字は秒数で、例えば10とすれば10秒後にシャットダウンされます。
コマンドプロンプトでshutdown.exeのパラメータを確認この他にも使える文字(パラメータ?)はありまして、コマンドプロンプトで

shutdown/?

と入力すると、のように詳細な説明が見られます。

ご興味がある場合はチェックしてみてください。

特にコダワリがないのであれば、上の文字列をそのままコピペでOKです。

脱線しましたが、続きです。

shutdown.exeのショートカットアイコンの名称を決定

好きな名前を付けます

「次へ」を押すと、「ショートカットの名前を付けて下さい。」とお願いされます。

デフォルトの名前は「shutdown.exe」となっていますが、特にコダワリがなければこのままでOKです。

もちろん、「電源OFF」とかに変えても大丈夫です。

名前を決めましたら「完了」ボタンをクリックします。

新規作成したshutdown.exeのショートカットアイコンがデスクトップ上に出現すると、いま作成した shutdown.exe のショートカットアイコンがデスクトップに出現しているはずです。→

とりあえず、これで作業は完了です。

あとは、必要に応じてアイコンのデザインを自分好みのものに変えたり、ショートカットキーを割り当てたりするだけです。

アイコンの外観を電源ボタンっぽくする

デフォルトのデザインだと、いまいち電源OFFのボタンっぽくありません。

これが気に入らない場合には、アイコンの画像を変えることができます。

Windowsの中に電源ボタンっぽいアイコン画像が用意されていますので、それを使えばOKです。

まずは、作成した shutdown.exe のショートカットを右クリックして、一番下にある「プロパティ(R)」を選択します。

shutdown.exeショートカットアイコンの画像変更方法01

はじめから「ショートカット」のタブが選択されているはずです

続いて、「ショートカット」のタブの下部にある「アイコンの変更(C)…」をクリック。

すると、「アイコンの変更」というウィンドウが新たに出てきます。

shutdown.exeのショートカットアイコン変更手順02

電源ボタンっぽいのがオススメ?

続いて、そのウィンドウの中央の「下の一覧からアイコンを選択」の部分から、お好みのアイコン画像をクリックで選択してください。

選択したら一番下の「OK」をクリックします。

ここで「アイコンの変更」ウィンドウは閉じられますので、続いて元のウィンドウ(「shutdown.exeのプロパティ」)の下部にある「OK」をクリック。

shutdown.exeのアイコン画像変更が完了これで完了です。アイコン画像が変わりました。→

元のアイコンと比べて、電源OFFボタンっぽいデザインになったかと思います。

ちなみに

shutdown.exeのアイコンを自分で用意して設定する方法

「参照」からフォルダを開いて画像を選択

あらかじめWindowsに用意されている画像ではなく、自分で用意した画像を参照させてアイコンに使うことも出来ます。

その場合には、一般的なjpeg形式やpng形式ではなくico形式の画像を用意する必要があります。

このico形式のアイコン画像を用意する方法としては、

  • フリー素材サイトから無料ダウンロードする
  • png形式の画像を ico形式に変換する

の2通りがありますが、

おすすめは、フリー素材サイトからダウンロードして使う方法です。簡単ですし、クオリティの高いアイコン画像がわりと多いからです。

ico画像を探す際やpng画像をico画像に変換する際には、以下のサイトが使いやすかったです。↓

  • easyicon
    “shutdown”や”power”で検索すると、ソレっぽい.ico画像がいっぱい出てきます。

    アイコン用にICO形式の画像をダウンロードします気に入ったモノが見つかったらその画像をクリックし、その次のページの「ICO」のダウンロードリンクを押せばファイルがダウンロードされます。
  • PNG ICO 変換。オンライン フリー — Convertio
    ネット上でpng形式の画像をico形式に変換出来ます。会員登録とか要りません。

是非、シャットダウンアイコンを自分好みのデザインに変えてみて下さい。

ショートカットキーを割り当てて、さらに素早く

「アイコンをダブルクリックするだけ」でもかなりスピーディーにPCの電源を切れるのですが、マウスは出来るだけ使いたくない!という場合にはちょっと不満が残ります。

その場合には、作成したショートカットにショートカットキーを割り当てれば、キーボードだけでかなり素早くシャットダウン出来ます。

ショートカットキーを押した瞬間にシャットダウンが始まる感じです。

設定方法はとても簡単。

まず、アイコン画像を変更したときと同じように、shutdown.exeのアイコンを右クリックして「プロパティ(R)」を選択します。

shutdown.exeのショートカットにショートカットキーを設定する次に、ウィンドウの真ん中あたりにある「ショートカットキー(K)」の枠の部分をクリックしてカーソルを合わせます。

「なし」と表示されている部分ですね。

Windows10のshutdown.exeショートカットにキーを割り当てる続いて、設定したいショートカットキーを実際に押します(ここでは “Ctrl + Alt + .” と押しました)。

すると、押したキーが枠の中に表示されます。

間違って押す危険性のあるキーの組み合わせや、既に存在するショートカットキーではなく、全く新しいキーの組み合わせを登録した方が安全です。

Ctrl・Altキーとファンクションキー(F1, F2, …, F12)を組み合わせたりすれば大丈夫だと思います。

ちなみに、Windowsにはシャットダウンのためのショートカットキーが用意されていますが、この方法で自分で作ったショートカットキーの方が断然速いです。

最速のシャットダウンを目指す!という場合には、キーを割り当ててみてください。

Sponsored Link

まとめとおまけ

以上、Windows10のPCを素早くシャットダウンできる電源ボタンの作り方でした。

再起動やログオフのボタンも同様に作れますので、並べてみてもよいかもしれません。

また、デスクトップに置くショートカットの活用例としては、他にも

  • インターネット上のウェブサイト
  • フォルダの奥底にあるファイル(フォルダ)

などが挙げられます。

例えば、PCにあまり詳しくない上司にウェブサイトやファイルを見て欲しい場合、「ブラウザのブックマークからアクセスしてください」とか「◯◯のフォルダの●●のフォルダの中に資料があります」とか言っても、彼らはなかなか見つけられなかったりします。

そういうとき、そのウェブサイトや資料フォルダのショートカットアイコンを作ってデスクトップ画面に置いておくと、PC音痴な上司でもすぐに見られるようになります。

結果、「気が利くねー、キミ!」と褒められ、上司からの評価が高まります。

・・・という小ざかしいワザを、以前の職場の嫌いな先輩が教えてくれました。ご参考までに。

さらに、おまけでもう1つ小ネタを。

shutdown.exeのショートカットを作成する際に入力する文字列を

C:\Windows\System32\shutdown.exe /s /t 1 -c "コメント"

のように、末尾に

-c "コメント"

を追加すると、シャットダウンの際に表示されるウィンドウに文章が表示されます。

例えば、文字列の shutdown.exe以降を

/s /t 10 -c "\(^o^)/今日も1日、お疲れ様でした!\(^o^)/"

とすると、シャットダウンするまでの約10秒間、↓のように表示されます。

shutdown.exeにコメントを設定する

これを使えば、友人や同僚のPCをいじって、「電源OFFボタン作っておいたよ♪便利だから使ってみて!」と言ってボタンを押してもらい、好きなメッセージをその人に見せることも出来ます。

表示するメッセージ次第ではイタズラに使えそうですね!(適当)

Sponsored Link

参照サイト

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • 0
  • 0
  • 0

0 comments