大阪都構想の結果は?最新の予想と世論調査結果まとめ。

大阪都構想いよいよ今日、大阪都構想の住民投票が行われます。

大阪府民の方々にとっては、重要な投票となりますし関心も高いですから、高い投票率が期待されます。

この記事では、大阪都構想住民投票の結果の予想、最新の世論調査についてまとめてみたいと思います。

(上記画像引用元:”橋下徹の応援演説” by 雪融投稿者自身による作品. Licensed under CC 表示-継承 3.0 via ウィキメディア・コモンズ.)


スポンサード・リンク




報道各社世論調査の結果

大手新聞社など報道各社は、今回の大阪都構想住民投票に関して、独自に世論調査を行っています。

その結果は・・・

  • 読売新聞 → 賛成34%、反対50%参照元
  • 産経新聞 → 賛成39.5%、反対47.8%参照元
  • 朝日新聞 → 賛成33%、反対43%参照元

のように、各社の世論調査とも、反対が賛成を上回っています。

この世論調査を見ると、

大阪都構想、今回は無理かな・・・

と客観的には判断できそうですが、実際に投票が始まったら、情勢が変化している可能性は充分にあります。

しかし、大阪都構想の実現には、超えなくてはならない大きな力があります。

それは、組織票です。

自民党支持者、公明党支持者は反対に回っている

大阪都構想については、自民党が反対派の急先鋒です。

必死に、大阪都構想の実現を阻止しようと、集会や街頭演説を行っています。

それは、

そんなに反対するってことは、大阪都構想が実現されると何か都合が悪いことがあるの!?

と思えるほどです。

さらに、公明党の支持層は、今回の大阪都構想について反対の立場のようです。

公明党としては、「自主投票方針」を定めているそうですが、公明党全体として

「大阪都構想にはNOの方向で」

という雰囲気があるようで、8割方が反対に回っています(参照元)。

さらに、共産党の支持層もおよそ8割が反対民主党支持者も反対が賛成を大きく上回っているのが現状です(参照元:同上)。

このように、維新の会支持層以外は、全ての政党支持者が「大阪都構想に反対」しているのが実態のようです。

そう考えると、橋下氏が大阪都構想を実現させるかどうかのポイントは

いかに無党派層の支持を集められるか

この一点に集約されると言ってもいいかもしれません。

大阪都構想の住民投票で、各政党の組織票が、通常の国政選挙・地方選挙と同様に集まるのか?という疑問はありますが、

いずれにしても、大阪都構想実現に向けて、各政党の組織票が大きな逆風になっていることは事実です。


スポンサード・リンク




大阪都構想住民投票の結果予想

報道各社の世論調査や、各政党支持層の賛成・反対の状況から判断すると

大阪都構想は今回は実現しない

予想することができます。

テレビのニュースでも、

「反対が賛成を上回る!」

という報道が為されていますから、無党派層のみなさんもそちらに流されるかもしれません。

ですから、今回の大阪都構想の住民投票では、維新の党・橋下氏は負けてしまうのでは?と予想します。

 

さて、私が、「今回は」という言葉を使っているのは、

橋下氏は大阪都構想を諦めない

と思うからです。

今回の住民投票で大阪都構想が否決されても、橋下氏は大阪都構想の実現を諦めることはない、と私は考えます。

 

なぜなら、大阪都構想の実現は、橋下氏にとっては「通過点」であると思うからです。

橋下氏の政治家としてのビジョン・野望の全貌は、もっと大きいのでは?と思うからです。

橋下氏のビジョンには

日本をどのように変えていくか?

という、大阪にとどまらない大きな計画が含まれているように私には思えるのです。

そう考えると、大阪都構想の実現は、橋下氏の政治家としてのビジョンの中では

ゴールではなく通過点

となります。

ですから、

橋下氏が政治家であり続けるかぎり、大阪都構想の実現を諦めることはない

と私は考えます。

 

今回の住民投票で負けても、粘り強く大阪都構想の内容・メリットを大阪府民・市民に訴えかけ、

再び大阪都構想の是非を問うのではないでしょうか。

このような、大阪都構想に関連する橋下氏のビジョンについての私の考察は、

大阪都構想のメリット・デメリットをまとめてみた。あなたは賛成?反対?

の記事で詳しく取り上げていますので、宜しければご覧ください。

 

この記事の最後の方は、私の想像(妄想?)ですが、個人的には

橋下氏には国政に戻り、存分に暴れて欲しい

と思っているクチです。

仮に、下馬評を覆して、今回の大阪都構想の住民投票で橋下氏・維新が勝ったら

橋下氏は政治家として確実に勢い付くと思います。

個人的には、そっちを期待しますが、

あなたはどう思われますか?

5月18日追記

昨日夜の開票で、大阪都構想は否決されてしまいました。

そして、会見を行った橋下氏は、

明確に政界を引退する

ということを表明してしまいました。

記者の質問「5年後、10年後の政界復帰も無いのか?」

という質問に対しても、明確に

「無いですよ」

と答えるなど、政治家を辞める決意は固いようです。

橋下氏は、自らを「ワンポイントリリーフの政治家」と称し、

敵を多く作る自分のような政治家は危険

とも言いました。

このような橋下氏の発言を踏まえると、

今後、橋下氏が大きなビジョンに向けて政治活動をすることは無い

と言えるかもしれません。

個人的には、非常に残念です。

 

何年後かに、

「やっぱり、今の政治家には任せてられん!オレがやる!」

と言って、また政治家としてその手腕を発揮して欲しいものです。


スポンサード・リンク




この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • 0
  • 0
  • 0

0 comments