iPhoneのプライベートブラウズとはどういう意味?活用法まとめ。

iphone6s

iPhone・Androidスマホが普及した今、

ネットするのはスマホがほとんど!

という方が多いのではないでしょうか。

しかし、手軽にネットを出来る一方、自分のプライバシーが漏れてない?と気になる場合もあります。

そこで、この記事では、

iPhoneの既定ブラウザSafariに搭載されている「プライベートブラウズ」というモード

について、

  • プライベートブラウズとは?どういう意味?
  • プライベートブラウズの使い方・設定方法
  • プライベートブラウズの活用方法

について、分かりやすく見ていきたいと思います。


スポンサード・リンク




iPhoneのプライベートブラウズとは?どういう意味?

iPhoneのブラウザ「Safari」には、2つのモードがあります。

それは、

  • 通常モード
  • プライベートブラウズモード

の2つです。

プライベートブラウズモードを使うと・・・

  • 閲覧した履歴が一切残らない
  • Cookieが残らない
  • 自動入力情報が保存されない

という風になります。

それぞれについて、具体的に見ていきます。

プライベートブラウズでは閲覧履歴が残らない

プライベートブラウズモードを使ってインターネットをすると、

あなたが閲覧したページは、Safariの閲覧履歴に残りません。

ですから、プライベートブラウズを使えば、

ああいうサイト

を見た際でも、Safariの閲覧履歴に残りませんから、家族にバレることはありません。

なお、閲覧ページ履歴が残らないというプライベートブラウズの特徴の活用法は、ああいうサイトを見る以外にもあります。これについては後述します。

プライベートブラウズでは自動入力情報が保存・表示されない

自動入力とは、

検索窓に途中まで文字を入力した際に、検索候補が表示される

アレです。誰しも体験があるハズです。

プライベートブラウズモードのSafariを使うと、この自動入力の情報が表示されず、また、保存もされません。

この

自動入力情報が保存・表示されない

というプライベートブラウズの特徴の活用法については、下で見ていきます。

プライベートブラウズではCookieが保存されない

Cookie(クッキー)って何?

という話をし始めると、話がややこしくなるので、ここでは簡単にCookieのイメージについて説明します。

一回ログインしたサイトに、次回アクセスすると、自動でログイン出来るときがありますよね?

これは、Cookie情報が保存されているからです。

また、最近では、

一度見た広告が、何度も何度も表示される!うざい!

という体験があるはずです(追跡広告リターゲティング広告と呼ばれています)。

これも、Cookie情報が利用されているからです。

プライベートブラウズモードでは、このようなCookieが保存・利用されることはありません。

この特徴も、色々な活用法があります。


スポンサード・リンク




iPhoneのプライベートブラウズモードの設定方法

次に、iPhoneのSafariをプライベートブラウズモードに設定する方法についてご紹介します。

といっても、めっちゃ簡単です。

まず、iPhoneでSafariをいつもどおりに立ち上げます。

そして、タブ一覧を表示させる画面右下部分をタップします。

iPhoneプライベートブラウズモード01

すると、タブ一覧(ページ一覧)が表示される画面になりますが、左下に「プライベート」と表示されているところがあると思います。

この「プライベート」をタップすればOKです。

iPhoneプライベートブラウズモード02プライベートブラウズモードに設定する前(通常モード)では、白い背景でしたが、プライベートブラウズモードに設定した後には、背景が黒色になっています。

iPhoneプライベートブラウズモード03

これで、プライベートブラウズモードになりました。

なお、プライベートブラウズモード→通常モードに戻すためには、同様の流れで「プライベート」の部分をタップすればOKです。

プライベートブラウズモードの活用方法

プライベートブラウズモードの活用法には色々とありますが、誰しもがパッと思いつくのが

閲覧履歴を他人(家族・友人)に見られたくない!

という場合です。なので、まずはコレから見ていきましょう。

閲覧履歴を他人に見せない

プライベートブラウズモードを使えば、閲覧履歴が残りませんので、他人に自分の閲覧したページを知られることはありません。

この特徴を活かせば、

  • アレなサイトを見ていたことがバレない。
  • サプライズプレゼントなどを計画している場合にバレない。

ということが可能になります。アレなサイトを見ていたことがバレないという点は、基本中の基本としてスルーします。

それ以外にも、閲覧履歴を残さないことのメリットはあります。

例えば、家族にサプライズのプレゼントを計画している場合などです。家族と共有しているiPhoneやiPadの場合、閲覧履歴からその計画がバレてしまうことがありますが、プライベートブラウズモードを使えば安心です。

また、iPadの場合、会社や大学のiPadを使ってインターネットをするケースがあると思います。

そのときには、プライベートブラウズモードを使えば、自分の閲覧ページ履歴が残らないので安心です。

その他、

「起業のリサーチしたいけど、奥さんに知られたら反対される・・・」

とか

「借金したいけど、家族にバレたくない・・・」

という場合にも、iPhone・iPadのプライベートブラウズモードは有効です。

他人のiPhone・iPadにログイン情報を残さない

iPhoneやiPadを一時的に貸し借りすることって結構ありますよね。

友達の家に行ったときに、

ちょっとiPad使っていい??

みたいな。また、iPhoneの電池が切れた場合に、友人のiPhoneを借りるというケースもあると思います。

友人のiPhone・iPadで、Gmailなどのメールサービス、Facebook・TwitterなどのSNSにログインすると、そのiPhone・iPadにログイン情報が残ってしまいます。

その前にまず、友人のアカウントがログイン状態になっていますから、

友人のアカウントをログアウトして、自分のアカウントでログインして・・・

という手順を踏まなければならず、面倒ですし友人にとっても後々不便です。

こういう場合には、SafariをプライベートブラウズモードにすればOK。

プライベートブラウズモードでは、サイトへのログイン情報は残らないので、

友人のアカウントをログアウトさせる必要もなく、自分のアカウントのログイン情報が残ることもありません。

 

このように、iPad・iPhoneの貸し借りをしてSafariを使ってインターネットをする場合には、プライベートブラウズを活用すると、色々と面倒なことにはならず、便利です。

自動入力候補を他人に見せない

個人的にオススメなのが、コレです。

友人や家族にiPhone・iPadを貸して、インターネットをしてもらうとき、

自分の検索履歴や自動入力候補が見られたら、めっちゃイヤですよね。

場合によっては、

お前、こういう趣味あったの!?

のような最悪なケースも想定しなければなりません。可能性は低いですが。

そこで活用したいのが、プライベートブラウズモードです。

友人・ご家族にiPhone・iPadを貸す際には、事前にプライベートブラウズモードにしてから貸せば、自動入力情報は表示されませんので、安心です。

無用なトラブル(?)を生じさせないためにも、プライベートブラウズモードは活躍してくれます。

追跡型広告・リターゲティング広告を制限する

この広告、最近よく表示されるなぁ。

とか

同じ広告が毎回表示されてうざい!邪魔!

という広告、見に覚えがあると思います。

このような広告は最近急速に普及しており、「追跡型広告」とか「リターゲティング広告」と言われています。

この種の広告は、あなたの検索履歴・サイト訪問履歴を元に、Googleや他の広告ネットワークが配信しているものです。

具体的には、

あなたが興味を持っている商品・サービスに特化して表示させる

というもの。

この追跡型広告・リターゲティング広告には、Cookie情報が利用されています。

ですから、

毎回同じような広告が表示されてウザいんですけど!!

という場合には、Cookie情報が保存されない、プライベートブラウズモードでインターネットをすればOKです。

これも、おすすめの活用法です。

番外編:サイト・ブログの正確な検索結果順位を知る

これについては、サイト・ブログをご自分で運営している方に限定されますが、意外と知られていない(?)かもしれませんのでご紹介します。

今やGoogle全盛の時代ですから、Safariを使う際にも、Googleアカウントにログインして使っている場合が多いと思います。

例えば、SafariでGmailを見たら、その後自分でGoogleアカウントからログアウトしない限り、ログイン状態が継続しています。

サイトオーナーであれば、GoogleアナリティクスやGoogleアドセンスなど、その他のGoogleサービスを利用していると思いますから、Safariを利用している際には、Googleアカウントにログインしている場合がほとんどだと考えられます。

そして、重要な事は、

Googleアカウントにログインしていると、自分のサイト・ブログは上位表示されてしまう

ということです。

正確なアルゴリズムは不明ですが、Googleには

「あなたがよくアクセスするサイトを検索結果で上位に表示する」

という仕組みがあるようです。

ご自分のサイト・ブログには、表示チェックなどのために、頻繁にアクセスしますよね。

ですから、Googleアカウントにログインした状態で、ご自分のサイト・ブログの検索順位を調べると、ログインしていない状態(一般ユーザーから見た状態)よりも上位に表示されてしまいます。

ですから、GoogleアカウントにログインしたSafariで、検索順位チェックをすると

やった!上位表示された

ぬか喜びすることになります(苦笑

このように、ご自分のサイト・ブログの正確な検索順位を知るためには、Googleアカウントからログアウトした状態で調べないといけないわけです。

その際に活用したいのが、Safariのプライベートブラウズモードです。

プライベートブラウズモードでは、全てのログイン情報は保存されていませんから、当然Googleアカウントからもログアウトした状態になっています。

そのため、プライベートブラウズモードで検索順位チェックをすれば、正確な検索順位を知ることが出来ます。

サイト・ブログのオーナーさんには、おすすめの活用法です。

 

プライベートブラウズモードとは?活用法まとめ

最後に、iPhone・iPadのSafariのプライベートブラウズモードについて、まとめておきます。

プライベートブラウズモードでは・・・

  • 閲覧履歴が保存されない。
  • 自動入力情報が保存されない。
  • Cookieが保存されない。

という特徴があります。

そして、その特徴を活かした活用法としては・・・

  • サプライズ計画・知られたくない情報が、閲覧履歴が元でバレるのを防ぐ
  • 他人とiPad・iPhoneを貸し借りする際に、SNSなどのログイン情報を残さない
  • 自動入力情報を他人に見られるのを防ぐ
  • 追跡型広告・リターゲティング広告を表示させない
  • 自分のサイトの正確な検索順位を知る

というものがあります。

プライベートブラウズモードを普段使っていない場合でも、

上記のような活用方法を試して、使ってみてはいかがでしょうか。

意外と便利な使い方があるかもしれません。


スポンサード・リンク




この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • 0
  • 0
  • 0

One comment