Y!mobileGL04Pが通信制限を受けて遅い時の対処方法!

GL04P

私はGL04P(Y!mobile、旧e-mobile)のユーザーなのですが、

外出先での仕事が多いのと、GL04PにiPhoneを接続してYoutube動画の音楽を聞きながら仕事をしているせいか、月末を待たずしてデータ通信量が10GBを超え、通信制限にかかってしまいます。

通信制限にかかっても、GL04Pの場合

なにコレめっちゃ遅い!繋がらない!

という感じではないのですが、Youtube動画は見れません。途中で止まってイライラしてしまいます。

さらに、インターネット上のファイルをダウンロードするのがめちゃくちゃ遅くなります。

携帯電話のプランのように、データ量を超過した場合に「追加料金を払って速度を元に戻す」ということも出来ないので、困ってしまいますよね。

そこで、この記事では、GL04Pで通信制限・速度制限を受けた際の対処方法についてお話したいと思います。


スポンサード・リンク




GL04Pで通信制限・速度制限を受けたら、3G回線を使う!

GL04Pはデフォルトの設定では、LTE回線が入るところではLTE、入らない場所では3G回線に自動的に切り替わるようになっています。

そして、この3G回線ですが、自分で手動で切り替えることが出来ます。

GL04Pで通信制限・速度制限を受けてしまったときには、3G回線に切り替えるようにします。

GL04Pの3G回線の速度は?

でも、3G回線って遅いんじゃないの?

と思うのは当然です。

しかし、GL04Pの3G回線は、携帯電話の3G回線に比べてだいぶ早いです。

GL04Pの3G回線の速度測定をメジャーな速度測定サイトで行ったところ、下図のように7Mbps~10Mbps程の速度が出ました。

GL04P3G回線の速度

GL04P3G回線の速度

実際、GL04Pの3G回線で普通にネットをする分には、ほぼストレス無く使うことが出来ます。

GL04Pの3G回線の速度は、通信制限・速度制限後のLTE回線と同じか少し速いくらいの速度です。

ですが、両者には大きな違いがあります。

GL04Pの3G回線なら、動画が見られる

GL04Pの3G回線の速度は、ウェブサイト閲覧などの際の速さについては制限後のLTEと同じくらいです。

が、両者には大きな違いがあります。

それは、

制限後のLTE回線ではYoutubeなどの動画は見られないのに対して、3G回線では動画が見られる

ということです。

私は、外出先(喫茶店など)で仕事をしている際には、Youtube動画をバックグラウンドに聞きながら作業を行います。

ですから、結構すぐにLTE回線の通信制限にかかってしまいます。制限がかかると、Youtube動画を見るのはほぼ不可能。バックグラウンドでYoutubeで音楽を聞くこともできません。

その場合には、LTE回線から3G回線に切り替えるようにしています。Youtube動画が見られるようになります。

制限後のLTEと3G回線は同じくらいの速度なのに、なぜ3GではYoutube動画が見られるのか?というのは不明ですが、とにかく、

GL04Pの3G回線を使えば、Youtubeなどの動画は基本的に問題なく試聴できます。

 

では、GL04PでLTE回線から3G回線に手動で切り替える方法を、画像付きでご説明したいと思います。

GL04PでLTE回線から3G回線に手動で切り替える方法

GL04Pで3G回線に切り替えるためには、まずは、GL04P設定ツールというウェブサイトにアクセスする必要があります。

GL04PにWiFi接続した状態で、GL04P設定ツールにアクセスする

GL04Pを使ってインターネットをしている状態(接続している状態)で、GL04P設定ツール(下記URL)にアクセスします↓

http://pocketwifi.home

すると、次のような画面が表示されますので、パスワードを入力してログインします。

GL04P通信制限

GL04P設定ツールのパスワードはデフォルトの設定では

admin

となっています。

パスワードをご自分で変更していない限り、「admin」とパスワードを入力すればログインできます。

GL04P通信制限


スポンサード・リンク




設定でLTE回線から3G回線に切り替える

ログインしたら、左側のメニューから「設定」をクリックします。

GL04P通信制限

すると、画面に色々な項目がアイコン画像付きで表示されます。

その中から、「WAN設定」をクリックして選択します。

GL04P通信制限

すると、WAN設定の中でさらに色々な項目がアイコン付きで表示されます。

これらの中から、「周波数選択設定」をクリックします。

GL04通信制限

すると、ドロップダウンリストで

  • 自動
  • WCDMAのみ
  • LTEのみ

の3つを選択できる画面が表示されます。

GL04P通信制限

初期設定では「自動」が選択されていますが、ここで3G回線を意味する「WCDMA」を選択して「適用」をクリックします。

GL04P通信制限

すると、次のような警告メッセージが表示されます。

GL04P通信制限

通信方式をLTEから3Gに切り替える際に、インターネット通信が一時切断されるという警告です。

ネット上で保存していない作業等がある場合には、保存しておかないとデータが失われたりしますので、注意しましょう。

ネットが切断されてもOK!という場合には、「OK」をクリックします。

GL04P通信制限

すると、上記のような画面が表示されますので、指示通り「3秒待って『続行』をクリック」します。

これで3G回線への切り替えが完了しました。

GL04Pの端末を見て、いつも「LTE」と表示されているところに「3G」と表示されていればOKです。

GL04P3G回線

 

これで、Youtube動画やインターネットがほぼストレスなく楽しむことが出来ます。

GL04Pの3G回線の注意点

GL04Pの3G回線にも、データ量に応じた通信制限が存在します。

それは、

  • 24時間ごとの利用通信量が300万パケット(約366MB)以上になった場合に
  • 当日の21時から翌日2時まで速度が制限される

という制限です(参照元:「e-mobileキャンペーン比較」

GL04PのLTEの制限は、当月のデータ量が10GBを超えると、その月の月末まで通信速度が制限されるという厳しい物ですから、

3G回線の制限はLTEに比べるとだいぶ緩いと言えるかもしれません。

 

もう一つの注意点は、

月初になったら、設定から通信方式を「3G(WCDMA) → 自動」と元に戻す

ということです。

月初になればLTEの通信制限は解除されているわけですから、当然3G回線よりもLTE回線の方が早くなります。

気付かずに3G回線のまま使い続けていた・・・

という事のないようにしましょう。

 

以上、Y!mobile(旧e-mobile)のGL04Pが通信制限を受けて遅い!動画見れない!という時の、3G回線を使った対処方法でした。

ご参考になれば幸いです。


スポンサード・リンク




この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • 0
  • 1
  • 0

0 comments