夏の乾燥肌の原因と対策!夏なのに肌が乾燥するのはなぜ?


夏乾燥肌

春も終わり、そろそろ紫外線が気になる季節となってきました。

お肌ケアのため、紫外線対策・日焼け止め対策が必要になってきます。

敏感肌の持ち主にとって、冬だけでなく夏も厄介な季節です。

お肌がめっちゃ丈夫で「なんでも刺激バッチコイ!!」という方には無縁な話ですが、敏感肌の方にとって夏場でもお肌のケアは欠かせません。

紫外線による日焼けと皮膚の炎症はもちろんのこと、敏感肌の私達にとって夏場の乾燥肌も要注意です。

そこで今回の記事では「夏の乾燥肌」について、その原因と対処法について見ていくことにします。


スポンサード・リンク




夏でも肌が乾燥するのはなぜ?その理由とは

冬にお肌が乾燥するのは分かります。外気がそもそも乾燥していますので。

しかし、日本の夏は高温多湿。外気はめっちゃ湿っています。

それでも、敏感な肌の場合、夏場でも肌が乾燥してしまうことが多々あります。

夏場でも肌が乾燥してしまう理由とは何でしょうか?

その理由には、大きく分けて3つあります。

  • エアコンによる乾燥
  • シャワー・風呂の回数増加による乾燥
  • 紫外線による影響

の3つです。

夏場でも肌が乾燥してしまう理由について、順に見ていくことにします。

エアコンによる乾燥

夏場でも、仕事場や自宅でエアコンを全く使わないよ!!という方はほぼいないと思います。

むしろ、一日中エアコンの効いた部屋の中にいるという方の方が多いのではないでしょうか。

熱帯夜の日などは、エアコンを付けないと寝付けないため、就寝中もエアコンをつけっぱなしという場合もありますよね。

このように、夏場は、湿度の高い外に居る時間よりも、エアコンの効いた部屋で過ごす時間の方が多いのが通常です。

そのため、エアコンの影響をもろに受けるということが言えます。

肌について考える場合、「エアコンの影響」とはズバリ空気の乾燥です。

エアコンをガンガン使って部屋を冷やしていくと、温度が下がっていくのと同時に湿度も下がり、部屋が乾燥していきます。

エアコンによって空気が乾燥すると、当然ですが肌の水分も乾燥していきます。敏感肌など、お肌が弱い場合にはその影響も大きくなります。

このように、エアコンによる乾燥が、夏場の乾燥肌の大きな原因の一つです。

シャワー・お風呂の回数が増え、しっかりと洗うことも乾燥の原因

夏場は汗をたくさんかくため、他の季節よりもシャワー・お風呂の回数が増えますよね。

これも、夏の乾燥肌の原因の1つです。

特に、ナイロンタオルなどで毎回ゴシゴシと身体を洗っている場合、そのたびに皮膚表面の皮脂が失われていくため、乾燥肌につながっていきます。

これは、敏感肌の場合だけではなく、「自分は肌が丈夫だから平気!」と思っている方にも当てはまります。

夏にシャワー・お風呂の回数が増えることは仕方ないとしても、そのたびにゴシゴシと身体をボディーソープで洗う、というのは止めるべきと言われています。

紫外線で肌のバリア機能が失われる

紫外線も、夏の乾燥肌の大きな原因の1つです。

では、紫外線を浴びると肌が乾燥してしまうのはなぜでしょうか?

それは、紫外線が肌のバリア機能を壊してしまうからです。

肌のバリア機能が壊れることで、お肌が十分な水分を蓄え保持することができなくなり、夏の乾燥肌につながっていくわけです。

肌のバリア機能とは?

肌のバリア機能は、1次バリア機能・2次バリア機能の2つに分けて説明されることが多いです。

  • 1次バリア機能:皮脂膜
    肌の表面は、皮脂膜と呼ばれる膜で覆われています。分泌された皮脂と汗が混ざり合って膜を作り、この膜が外からの刺激・異物から肌を守るバリアとして働いてくれます。
  • 2次バリア機能:角質層
    皮脂膜の下には、角質層があります。角質層の細胞の間には「細胞間脂質」と呼ばれる脂質があり、これが水分を保持することで、お肌の水分をキープしています。細胞間脂質の代表例は「セラミド」です、耳にしたことがあるかと思います。

このような1次・2次バリア機能が肌に備わっていることで、外からの刺激や異物から肌は守られているわけですね。

 

次に、紫外線が肌のバリア機能を壊してしまう仕組みについて見ていきましょう。

紫外線は非常にエネルギーの強い光で、肌の細胞を破壊してしまいます。私達の身体は、この紫外線による肌細胞の破壊に対して、肌細胞の増殖スピードを早めることで対応します。

その結果、紫外線を浴びると肌のターンオーバーが早まります。

「肌のターンオーバーが早まる」と聞くと、「それって良いことなんじゃないの?」と思ってしまいますが、そうでもありません。

なぜなら、肌細胞の増殖スピードが早まると、肌細胞が不完全なまま作られてしまうからです。

不完全な肌細胞が角質層まで来ても、これらの肌細胞はきちんと機能を果たすことができず、結果としてお肌の水分を保持することができなくなります。

これが、乾燥肌に繋がってしまうわけですね。

 

ここまで、夏の乾燥肌の原因・理由について見てきましたが、

次に夏の乾燥肌の対策方法について見ていくことにしましょう。


スポンサード・リンク




夏の乾燥肌の対策法は?

夏の乾燥肌の原因には、「エアコンによる乾燥」「シャワーの回数増加による乾燥」「紫外線による乾燥」の3つの大きな要因がありました。

そこで、これら3つの原因に対処するための対策についてそれぞれ見ていきます。

エアコンによる乾燥は、湿度計を使ってCHECK

夏場にエアコンを使わないのは非現実的です。

ですから、エアコンで部屋の空気が乾燥するのを防ぐことを考えましょう。

そのためには、まずは部屋の湿度が今どれくらいか?をキチンと把握することが大事です。

湿度計を用意して、定期的にお部屋の湿度をCHECKするようにしましょう。

湿度が低くなっている事に気づいたら、エアコンを弱めたり加湿器を使ったりして、湿度を戻すようにします。

このように、湿度を一定以上にキープすることはとても大事ですから、まずは、夏場でも湿度計を部屋においておくことが大切です。

湿度計は、デジタル表示の温度計と一緒になっている、こんな感じのタイプ↓が見やすくてオススメです。

 

次に、シャワー・お風呂の回数が増えることによる乾燥を防ぐ方法について。

ゴシゴシ洗わず、洗い流すだけでOK

夏場は、「汗をかいたから」という理由で、他の季節なら入らない時間帯・タイミングでシャワーを浴びることがあると思います。

ただ、そのたびにボディーソープで泡立ててゴシゴシとナイロンタオルで身体を洗っていると、皮脂が奪われて角質層も傷つくため、乾燥肌に繋がってしまいます。

普段入らないタイミングでのシャワー・お風呂では、汗を洗い流す程度に留めるようにしましょう。

実際、それだけでも汗はきちんと流れ落ちていますし、汚れも落ちています。

特に敏感肌の方の場合には、気を付けたいポイントです。

紫外線対策はバッチリ行う。夏でも保湿をきっちりと。

紫外線対策で一番大切なことは、日焼け止めをしっかりと塗ることです。

男性に多いですが、日焼け止めなんか要らねぇ!というスタンスは、やめた方が無難です。

紫外線による日焼けは、乾燥肌・炎症の原因となるからです。

日焼け止めはしっかりと塗り、しかもこまめに塗り直すことが大切です。

 

また、「今日は日焼けしちゃったなぁ」と感じた場合には、油分の入った保湿クリーム・ローションできっちりと保湿を行うことが重要。

なぜなら、紫外線によって肌のバリア機能が壊れているからです。

バリア機能が部分的に壊れると、外部からの刺激に弱くなり、さらなる乾燥・炎症の原因となってしまいます。

夏でも保湿

これが、夏場の乾燥肌対策の重要なポイントだと言えます。

夏場の乾燥肌の原因・対策まとめ

最後に、ここまで見てきた内容をまとめてみます。

夏の乾燥肌の原因は、

  • エアコンによる乾燥
  • シャワー・お風呂の回数増加による乾燥
  • 紫外線による乾燥

の3つでした。

それぞれ、湿度計を使って湿度をしっかりとCHECKすること、身体は軽く洗い流すだけにすること、日焼け止め・保湿をしっかりと行うこと、で対処できます。

私にも心当たりがありますが、

「敏感肌だけど、今日は日焼け止め塗らなくていいやー」

とか

「保湿めんどい。今夜はいいや。」

とか、ケアをサボってしまうと、それをキッカケとして肌の乾燥が進んでしまいます。

乾燥肌持ちの方なら分かると思いますが、一度肌がカサカサしだすと、なかなか元に戻りにくいものです。

この記事で見てきたような「乾燥のキッカケになること」は極力避けて、

夏の肌の乾燥対策をきっちりと行っていきましょう。

(自戒)


スポンサード・リンク