iPhoneでzipファイルを開く方法がこちら。

iphone6s

スマホが普及しきった今、プライベートだけでなくお仕事でもスマホを使う方が増えてのではないでしょうか。

それにともなって、仕事で扱うファイルiPhoneで開くこともあるのでは。

お仕事では圧縮ファイルであるzipファイルを扱うことが多く、zipファイルをiPhoneでも解凍・開いて、閲覧したい!というケースも多いと思います。

そこでこの記事では、iPhoneでzipファイルを解凍して開き、保存・閲覧する方法について詳細にご紹介することにします。


スポンサード・リンク




iPhoneでzipファイルを開くには、無料アプリ「iZip」を使う

例えば、ネット上にあるzipファイルをiPhoneで見ても、デフォルトのiPhoneの設定ではzipファイルを解凍して閲覧することは出来ません。

そこで、zipファイルを解凍することの出来る無料アプリをダウンロード・インストールします。

それが、iZipという無料アプリです↓

ComcSoft「iZip – Zip圧縮、Zip解凍、Rar解凍のためのツール」

iPhoneから上記リンクをタップしますと、App storeのiZipダウンロードページに飛びますので、そちらからダウンロードしましょう。

iZip自体は英語のアプリですが、操作方法は簡単ですから全く問題はありません。

 

iZipをダウンロード・インストールできたら、実際にzipファイルが開けるかどうか試してみましょう。

zipファイルをiZipで解凍してみる

テスト用に、当ブログ上にzipファイルをご用意しました。

「test」とだけ書かれたテキストファイルをzip形式で圧縮しただけのファイルです。

下記リンクをタップすると、ダウンロードが始まります。容量は118バイトしか有りませんので、一瞬でダウンロードは完了するはずです。

test

タップしてダウンロードが完了すると、以下のような画面になるはずです。

iphonezipファイル01

iPhoneにiZipがインストールされている場合、右上に「”iZip”で開く」と表示されますので、そこをタップします。

すると、自動的にiZipが起動してzipファイルが解凍され、次のような画面になります。

iPhonezipファイル02

ポップウィンドウに表示された英語の意味は、「全てのファイルを解凍(抽出)しますか?」くらいの意味だと思いますが、通常はココは「OK」でオッケーです。

「OK」をタップすると解凍が完了し、zipファイルに入っていた各種フォルダ・ファイルが一覧表示されます。
(ここではテキストファイルの1つのみですが)

iPhonezipファイル03

一覧表示されたファイルをどれかタップすると、iZipのアプリ上でそのファイルを閲覧することが出来ます。

ここでは、test.txtをタップして開いてみます。

iPhonezipファイル04

ファイルを開くと、当然ですがその中身・内容が表示されます。

今回の例では、「test」とのみテキストファイルに記入しておきましたから、それが表示されています。

 

・・・と、ここまでで、iPhone上でzipファイルを解凍して開き、閲覧することが出来ました。

見るだけでいいの!という場合には、ここまででOKなのですが、

解凍したフォルダ・ファイルを保存して、iPhoneでもPCでも見れるようにしたい場合も多いと思います。

そのためには、Dropboxという大手クラウドストレージサービス(無料)を使います。


スポンサード・リンク




解凍したファイルをDropbox上に保存、iPhoneとPCの両方で見られるようにする

Dropboxは、無料のクラウドストレージサービスで、Dropbox上にファイルを保存しておけば、

PCでもiPhone・Androidスマホでもそのファイルを表示閲覧することが出来ます。

Dropboxの導入は、こちら↓から無料でできます。

Dropbox公式サイト

また、DropboxのiPhoneアプリはこちらからダウンロードできます↓

DropboxiPhoneアプリ(app store)

Dropboxの無料会員登録とiPhoneアプリのインストールが済んだら、準備は完了です。

 

先ほどのiZipの解凍ファイル一覧の画面に戻ります。

解凍された各ファイルの左側には、白丸が表示されておりそこをタップするとそのファイルを選択でき、チェックマークが付くようになっています。

iPhonezipファイル05

解凍したファイルをDropboxに保存するためには、ファイルを選択した上で、画面下部の「Open In」をタップします(上図参照)。

すると、下の方からびろ~んと画面が出てきて、その中に「Dropboxに保存」という項目がありますので、それをタップします。

iPhonezipファイル06

「Dropboxに保存」をタップすると、下記のような保存確認画面が出てきますので、保存したいDropbox上のフォルダを選択した上で「保存」をタップします(下図参照)。

iPhonezipファイル07

解凍したファイルのDropboxへの保存は、これで完了しました。

保存できたかどうか、Dropboxのアプリを開いて確認してみましょう。

iPhonezipファイル08

「test」というファイルがDropboxに追加されていることが分かります。保存されていました。

iPhoneでzipファイルを解凍して保存する手順のまとめ

ここまで、iPhoneでzipファイルを解凍して保存する方法とそれに必要なアプリとサービスについて見てきました。

記事を見ながら実際にzipファイルの解凍を行えば、手順は簡単であることがお分かり頂けたかと思います。

最後に、もう一度手順のおさらいをしてみます。

  • iZipというアプリをインストール
  • iZipでzipファイルを解凍
  • 解凍したフォルダ・ファイルをDropbox上に保存
  • Dropboxに保存したファイルはPC・iPhone上のどちらでも閲覧可能に

という流れです。

これで、iPhoneを使っている最中にzipファイルが登場しても、困らなくなるはずです。

ご参考になれば幸いです。


スポンサード・リンク




この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • 0
  • 2
  • 0

0 comments