第三のビールと発泡酒の違いとは?極ZEROの税金返還問題で話題に。

社会政治経済

ビールが美味しい季節になってきましたが、ビール関連で気になるニュースが。

それが、サッポロの極ZEROというお酒をめぐる、サッポロと国税庁の税金返還についての争いです。

返還を争っている金額は、実に115億円。企業が115億円の利益を出すのには一苦労ですから、サッポロも真剣です。

この記事では、問題の経緯・背景を簡潔にまとめた上で、第三のビールと発泡酒の違いについて見ていきたいと思います。


スポンサード・リンク




サッポロ極ZEROをめぐる税金返還問題の経緯・背景

サッポロの極ZEROは、現在は「発泡酒」の区分で販売されていますが、発売当初は「第三のビール」の区分で販売されていました。

発売の区分が「第三のビール」から「発泡酒」に変更されたのは、国税庁の

「極ZEROって第三のビールじゃなくね??」

という指摘がきっかけです。

後述しますが、第三のビールの酒税の税率は、発泡酒の税率よりもだいぶ安いので、

「区分をごまかして税金を不当に安くしてたんじゃないの??」

というのが国税庁の言い分。

サッポロは、この国税庁の指摘に従い、115億円の税金を追納しています。

しかし、サッポロは

「やっぱり極ZEROは『第三のビール』の区分で合ってるわ。国税さん、お金返してよ!!115億円ね。」

という要求をしていたのですが、国税庁はこの要求を先日あっさりと拒否(税金115億円の返還拒否に関するニュースはこちらからお読み頂けます)。

サッポロもすんなりと引き下がらないと思われるので、問題は長引きそうです。

「第三のビール」の「発泡酒」の違いとは?

この問題で気になるのが、「第三のビール」と「発泡酒」の違いです。

どうせですから、「ビール」・「発泡酒」・「第三のビール」の違いについて見ていくことにします。

お酒の区分の定義は、酒税法に定められています。この酒税法については後ほど詳しく見ることにして、まずは結論から簡潔にまとめてみます。

  • ビール・・・麦芽の割合が2/3以上のもの。
  • 発泡酒・・・麦芽の割合が2/3未満のもの(一部例外あり)。
  • 第三のビール
    その他の醸造酒(発泡性)①・・・麦芽を全く用いず、穀類・糖類を原料としているもの。
    リキュール(発泡性)①・・・・・麦芽を使用しているが、蒸留酒(スピリッツ)を原料としているもの。

のようになっています。図にするとこんな感じです↓

ビール・発泡酒・第三のビールの違い

要は、麦芽が原料の2/3以上なら「ビール」。それ未満なら「発泡酒」。

麦芽が原料に含まれていても(2/3未満)、蒸留酒(スピリッツ)を原料に作られていたら、「発泡酒」ではなく「リキュール(発泡性)①」という第三のビールの区分になるし、

麦芽が全く使われていないなら、「ビール」でも「発泡酒」でもなく、「その他の醸造酒(発泡性)①」になる。

ということですね。

次に、酒税法で「ビール」「発泡酒」「第三のビール」がそれぞれどのように定義されているかを見ていきましょう。


スポンサード・リンク




酒税法のビール・発泡酒・第三のビールの定義

まずは、ビールの定義から(酒税法第三条

ビール 次に掲げる酒類でアルコール分が二十度未満のものをいう。

 麦芽、ホップ及び水を原料として発酵させたもの
 麦芽、ホップ、水及び麦その他の政令で定める物品を原料として発酵させたもの(その原料中当該政令で定める物品の重量の合計が麦芽の重量の百分の五十を超えないものに限る。)

麦芽・ホップ・水のみを原料として醸造されたものは、文句なしに「ビール」の区分になります。

麦芽・ホップ・水以外に原料が含まれている場合、「麦芽:その他」の比率が「2:1」以下であれば、「ビール」の区分でOK。つまり、麦芽の重量の比率が3分の2以上であれば「ビール」になるということですね。

逆に言えば、麦芽の比率が3分の2未満の場合には「ビール」としては販売できないことになります。

次に、発泡酒の定義です(酒税法第三条18号)。

発泡酒 麦芽又は麦を原料の一部とした酒類(第七号から前号までに掲げる酒類及び麦芽又は麦を原料の一部としたアルコール含有物を蒸留したものを原料の一部としたものを除く。)で発泡性を有するもの(アルコール分が二十度未満のものに限る。)をいう。

簡潔に言えば、「麦芽の比率が2/3未満で、蒸留酒(スピリッツ)を原料に含まないもの」が「発泡酒」の区分になります。

「麦芽又は麦を原料の一部としたアルコール含有物を蒸留したものを原料の一部としたものを除く。」の部分で、「麦芽を使用しているがスピリッツを原料にしたお酒」が発泡酒の区分から除外されているわけですね。

最後に、「第三のビール」の定義です。

法律上は「第三のビール」という定義はなく、第三のビールと言われているお酒の区分は、

  • その他の醸造酒(発泡性)①
  • リキュール(発泡性)①

の2つです。この2つについて酒税法の条文を見ていきましょう。

まずは「その他の醸造酒(発泡性)①」について(酒税法第三条19号)。

その他の醸造酒 穀類、糖類その他の物品を原料として発酵させた酒類(第七号から前号までに掲げる酒類その他政令で定めるものを除く。)でアルコール分が二十度未満のもの(エキス分が二度以上のものに限る。)をいう。

麦芽や麦が原料に入っていないわけですから、文句なしで「ビール」や「発泡酒」には該当しないことになります。

次に、「リキュール(発泡性)①」について(酒税法第三条21号)。

リキュール 酒類と糖類その他の物品(酒類を含む。)を原料とした酒類でエキス分が二度以上のもの(第七号から第十九号までに掲げる酒類、前条第一項に規定する溶解してアルコール分一度以上の飲料とすることができる粉末状のもの及びその性状がみりんに類似する酒類として政令で定めるものを除く。)をいう。

少し分かりにくいので、Wikipediaも見てみます。

リキュールとは、蒸留酒(スピリッツ)に果実やハーブなどの副材料を加えて香味をスピリッツに移し、砂糖やシロップ、着色料などを添加し調製した混成酒である。

つまり、リキュールとは蒸留酒(スピリッツ)を原料に香料・砂糖・シロップ等を加えたものということですね。

スピリッツには麦を原料としたものがありますから、麦を原料に作られた蒸留酒(スピリッツ)を原料に作られた発泡性のお酒が、「リキュール(発泡性)①」に該当することになります。

発泡酒の定義では、

「麦芽又は麦を原料の一部としたアルコール含有物を蒸留したものを原料の一部としたものを除く。」

とありましたから、麦芽・麦が原材料に含まれていても、麦を原料としたスピリッツ(蒸留酒)を元に加工されたお酒であるリキュールは、発泡酒にならないわけです。

以上、「ビール」「発泡酒」「第三のビール」の違いについて見てきました。

酒税法の条文を見ても、ナンノコッチャ!となりますが、最初の図を見ればなんとなくイメージはつくかと思います。

さて、「ビール」「発泡酒」「第三のビール」の違いについてイメージがついたところで、

税率の話に進みます。

ビール・発泡酒・第三のビールの税率の違い

酒税の税率は割りとコロコロ変わりますが、財務省のHPを見れば分かります。

これによると、

  • ビール・・・1,000リットル当たり220,000円
    →350ml缶で77円、500ml缶で110円。
  • 発泡酒(麦芽比率25~50%未満)・・・1,000リットルあたり178,125円
    →350ml缶で約62円、500ml缶で約89円。
  • 発泡酒(麦芽比率25%未満)・・・1,000リットルあたり134,250円
    →350ml缶で約47円、500ml缶で67円。
  • 第三のビール・・・1,000リットルあたり80,000円
    →350ml缶で28円、500ml缶で40円。

のようになっています。

発泡酒と第三のビールでは、酒税の金額は19円~34円も違ってきます。

酒税が安くなればなるほど、店頭の小売価格は安く抑えられますから、売れ行きは良くなります。

極ZEROの場合、第三のビールとして当初は発売していましたが、その後発泡酒に区分を変えて販売することになりました。

発泡酒と第三のビールの酒税の差額である115億円を国税庁に指摘され、追納したわけですね。

 

さて、話を極ZEROの税金返還問題に戻します。

極ZEROは発売当初はリキュール(発泡性)①だった

サッポロの極ZEROは、発売当初は発泡酒ではなく第三のビールとして販売されていました。

第三のビールの中でも、麦・麦芽を原料に含む「リキュール(発泡性)①」という区分です。

これについては、サッポロの下記プレスリリースを見ればわかります。

「サッポロ 極ZERO(リキュール(発泡性)①)」5月下旬製造分をもって終売

第三のビールでも、麦芽・麦を一切含まない「その他の醸造酒(発泡性)①」であれば、このような問題は怒らなかったわけで、

極ZEROは、麦芽・麦を使っているために、

発泡酒なのか?リキュールなのか?

という問題が生じたといえます。

酒税法の条文上、蒸留酒(スピリッツ)を原料に含んだ時点で、発泡酒ではなくなりますが、

この点が争点なのかもしれません。

詳しくは、製造過程を詳細に理解しないと分からないので、一般人には限界がありますが、

サッポロとしては「明確に第三のビール(リキュール)だ」と主張しているわけで、

第三のビールであることにかなりの自信があることが見て取れます。

 

サッポロ極ZERO税金返還問題、今後の展開

国税庁の指摘から始まった、今回の極ZEROの115億円もの税金返還問題。

国税庁の職員としては、

「俺の指摘で、115億円も税金取れたぜ!やるだろ俺!!」

という感じだと思います。国税庁の職員の冥利に尽きるところだと思います。

一方、サッポロとしては、115億円もの利益が吹っ飛んだわけですから、

「何が何でも115億円返してもらうわ」

と考えていることでしょう。ですから、国税庁に115億円の返還要請をしたわけです。

しかし、国税庁にもメンツがあります。

「自分たちが誤っていた」とはそう簡単には認められません。

なので、サッポロの返還要請をアッサリと拒否したわけです。もちろん、メンツだけではなくて国税庁なりの根拠があるのでしょうが。

しかし、構図としては

国税庁のメンツ v.s. サッポロの利益追求

という感じです。

 

サッポロは115億円の返還要請をアッサリと拒否されたわけですが、

このまますんなりと引き下がることは無いと考えられますから、

裁判になるのでは?

と私は考えます。

裁判になれば決着までかなり長引きますが、なにせ115億円もの大金です。

両者とも、徹底的に争うのではないでしょうか。

おわりに

かなり長くなりましたが、

ビール・発泡酒・第三のビールの違い

についてイメージが付いたのではないでしょうか。

 

サッポロの税金115億円が返ってくるかどうか、訴訟に発展するかどうかも含めて注目です。

とりあえず、ビール・発泡酒・第三のビールに違いについて

周囲に豆知識としてドヤ顔でひけらかしてみてはいかがでしょう。


スポンサード・リンク




この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

0 comments