昭和の日の由来とは?いつからみどりの日から変更になった?

祝日

昭和の日の由来について調べると、結構面白かった

5月のゴールデンウィークは、年末年始の連休に並び、1年で一番長い連休です。

GWが近づいてくると、そわそわ・ウキウキしてしまう方も多いのでは?

私もそのうちの一人なわけですが、ゴールデンウィークが楽しみすぎてカレンダーを見つめてしまうほどです。

 

さて、ゴールデンウィーク近辺のカレンダーを眺めていると、

4月29日の「昭和の日」に目がとまりました。

そして疑問に思いました。

「ん??4月29日って、みどりの日じゃなかった??」

と。

いや、カレンダー「昭和の日」と書いてあるので、4月29日は昭和の日で間違い無いのですが、気になったのでリサーチ。

すると、昭和の日の由来や名称変更の経緯について知ることが出来て、結構興味深い。

ちょっとしたウンチク話のネタをGet ♪

という気分になりました。

 

ということで、この記事では、4月29日「昭和の日」の由来や、みどりの日・天皇誕生日との関係について見ていきたいと思います。


スポンサード・リンク




昭和の日の由来とは?

昭和の日に限らず、祝日は「国民の祝日に関する法律(祝日法)」という法律によって定められています。

この祝日法ではその第2条で、昭和の日について以下のように定めています。

昭和の日 四月二十九日 激動の日々を経て、復興を遂げた昭和の時代を顧み、国の将来に思いをいたす。

この文章が、言ってみれば昭和の日の趣旨・由来となりますが、少し抽象的で分かりにくいです。

確かに、 昭和という時代は太平洋戦争があったりそこからの奇跡的な復興があったりと、激動の時代でしたので、「昭和の日」という祝日を制定する趣旨は分かります。

しかし、なんで4月29日??

と思ったので、さらにリサーチ。

すると、4月29日の祝日の名称はコロコロと変更されていることが分かりました。

4月29日は天皇誕生日→みどりの日→昭和の日と変わってきた

4月29日の祝日について調べていくと、4月29日は

天皇誕生日→みどりの日→昭和の日

のように名称が移り変わっていることが分かりました。

4月29日はもともと、天皇誕生日だった

現在は「昭和の日」である4月 29日は、昭和の時代は「天皇誕生日」でした。

つまり、4月29日は昭和天皇のお誕生日であり、昭和時代には「天皇誕生日」という祝日だったわけです。

しかし、昭和天皇が1989年1月7日に崩御され、皇位が今上天皇に継承されると、そのまま4月29日を「天皇誕生日」としておくわけにはいかなくなります。

そこで、法律が改正され、4月29日は「みどりの日」と改められました。

天皇誕生日→みどりの日に名称変更

このように、昭和天皇の崩御によって、4月29日は「天皇誕生日」から「みどりの日」に名称が変更になりました。

「みどりの日」という名称は、昭和天皇が自然をこよなく愛され生物学者としてもご活躍されたことに由来します。

当初は、4月29日の祝日の新しい名称として「昭和記念日」という案が挙がっていたのですが、当時の野党の反対によって採用されませんでした。

しかし、「『昭和』という言葉を祝日として残して欲しい!」という国民の要望は根強く、その世論は国会を動かしました。

みどりの日が昭和の日になった経緯

2000年には、森喜朗内閣のもと「昭和の日」への名称変更のための法律改正案が国会に提出されましたが、森元首相のいわゆる「神の国発言」によって衆議院が解散されてしまったため、法案は流れてしまいました。

さらに2002年、第一次小泉内閣のもとでも同様の法律改正案が出ましたが、またしても衆議院の解散で流れることに。

しかし、ついに2005年、第二次小泉内閣の時に、「昭和の日」へと名称変更する法律が成立。3度目の正直です。2007年にその法律が施行されます。

こうして、やっと4月29日の祝日の名称は「昭和の日」になることができました。

また、この法律改正によって、みどりの日は5月4日に移動されました。

ちなみに、5月4日は「国民の休日」という固有の名称が無い祝日でしたので、都合が良かったのだと考えられます。

 

このように、4月29日の祝日の名称は

天皇誕生日→みどりの日→昭和の日

と変わってきたわけですが、この名称変更によって他の祝日も影響を受けているので、少しややこしいことになっています。

そこで、ゴールデンウィークの祝日の名称変遷について、表にまとめてみました。


スポンサード・リンク




ゴールデンウィーク祝日の名称変遷まとめ

4月29日の祝日の名称変更によって、他の祝日の名称も変更されてきました。

その推移を表にまとめてみました(クリックで拡大)↓

ゴールデンウィーク祝日

いつから「昭和の日」に?

当初、私の感じた

4月29日ってみどりの日じゃなかったっけ??

という疑問は、上記の説明で解決されました。スッキリんこ。

つまり、2007年の祝日法改正によって、4月29日は「みどりの日」から「昭和の日」になったのですね。

 

それにしても、昭和天皇が崩御された1989年からずっと、

「旧『天皇誕生日』を昭和にちなんだ名称の祝日に」という国民の要望が強かった

ということが印象的です。

この国民の強い要望が、「昭和の日」という名称に繋がったといえます。

 

平成時代に入ってから結構な時間が経ち、昭和という激動の時代を思い出す機会も減ってきてしまったと思います。

冷静に考えて、

太平洋戦争→敗戦→奇跡的な復興

というようなダイナミックな激動の時代は、昭和の他に例は無いかもしれません。

そう考えると、4月29日の昭和の日を迎えたら、祖父母や両親に昭和の話を聞いて、昭和という時代について勉強するのもアリかもしれません。

すくなくとも私は、昭和の日についてのウンチク話を家族・友人に披露して、ドヤ顔する予定です。


スポンサード・リンク




この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • 0
  • 1
  • 0

0 comments