任天堂とDeNAが業務資本提携。その内容と理由、目的・狙いとは?

社会政治経済

DeNAとGREEの明暗を分ける業務資本提携になるかも!?

スマホゲーム大手のDeNAと、老舗の任天堂業務資本提携を行うことがわかりました。

業務資本提携とは、業務上も提携するし、お互いの株式も持ち合って資本関係も構築するということですね。

任天堂とDeNAの業務資本提携について伝えているのがこちらのニュース↓(一部引用。引用元:Yahoo!ニュース

任天堂ディー・エヌ・エー(DeNA)は3月17日、業務・資本提携することで合意した。

任天堂IP(知的財産:ソフトやキャラクター)を活用したスマートデバイス向けゲームアプリを共同開発・運営するほか、多様なデバイスに対応した会員制サービスを今秋の開始を目指して共同開発する。

・・・中略・・・

任天堂IPを活用したスマートデバイス向けゲームアプリを新規に開発・運営する。任天堂はユーザーが自社IPに触れる機会を増やすことができ、DeNAは任天堂IPの活用でモバイルゲーム事業を世界的に強化できるとしている。

任天堂IP(知的財産)というのが分かりにくいですね。

少しリサーチしてみると、IPはIntellectual Propertyの略で、知的財産のことのようです。

で、任天堂の持つ知的財産権とは何か?といえば、マリオなどのキャラクターが一番大きなものだと考えられます。

つまり、今回の任天堂とDeNAの業務資本提携をめっちゃ簡単に分かりやすく言えば、

マリオのスマホゲームを一緒に作って、世界取ろうぜ!!

という画期的なものだと言えます。

今回の業務資本提携の一番大きな目的は、この「マリオのスマホゲーム」にあると思います。

とは言え、ここまでは私の勝手な憶測ですから、任天堂とDeNAの今回の業務資本提携にの目的や理由について、きちんとリサーチしてみることに。


スポンサード・リンク




任天堂とDeNAの業務資本提携の内容・目的は?

今回の任天堂とDeNAの業務資本提携の目的については、任天堂HP上のPDF文書ではっきりと書いてあります。しかし、公式な文書なのでいかんせん文章が硬く、分かりにくいです(全文は→任天堂HPで読めます)。

そこで、任天堂HP上のPDF文書に書かれている内容を、分かりやすくまとめてみました。

  • 任天堂は、ファミコンを創り出し、マリオっていう世界的なキャラクターを持ってる。任天堂は世界的なブランド。知名度抜群。
  • DeNA・モバゲーは、モバイルゲームの草分け的存在で、スマホゲームで稼ぐためのノウハウを持ってる。それは世界トップクラス。
  • じゃあ、マリオなどの任天堂キャラクターでスマホゲームを世界中に向けて配信したら、最強じゃね??
  • 任天堂としては、マリオをスマホゲームという新たな分野に送り出すことが出来るから、ハッピー。
  • DeNAとしても、マリオという超有名なキャラを使って、自らのスマホゲームユーザーを世界中で獲得できるから、ハッピー。
  • それとは別に、家庭用ゲーム専用機・スマホ・タブレット・PCなどデバイスを問わず利用できる、新たなシステムを作って、会員制サービスを展開していくよ!今年の秋からサービス提供を開始するよ!
  • 業務の提携だけでなく、資本提携も行って、これから末永く仲良くしていこうね!任天堂はDeNAの株の10%を220億円で買って大株主になるし、DeNAも220億円出して任天堂の株の1.24%を持つようにするよ。

という感じで、間違っていないと思います。

要するに、今回の任天堂とDeNAの業務資本提携の目的は3つ。

  • マリオのスマホゲームを全世界中に配信する。
  • 新たな会員制サービスを両社が協力して提供する
  • 資本提携することで、対立するのではなく協力していく、それも長期的に。

ということだと考えられます。

任天堂としても、スマホゲーム市場がここまで拡大したのに、マリオなどの任天堂のキャラクターのスマホゲームを出せていない。自力でゼロからスマホゲーム市場に参入するのは、正直大変。

でも、DeNAのインフラとノウハウを借りれば、楽にマリオをスマホゲーム市場に送り出す事ができる。じゃあ、力を借りよう

DeNAとしては、スマホゲームの日本人ユーザーの取り込みはもう限界。日本での市場は既に拡大し尽くした感がある。これからは世界中からユーザーを取り込む必要がある。その際に、世界的に知られた任天堂・マリオブランドを使えるのはめっちゃ助かる。じゃあ、力を借りよう。

という理由と背景があると言えます。

で、ただの業務提携だけだと不安だから、お互いに株式を持ち合いましょう。互いに220億円ずつの株式を買いましょう、ということですね。つまり、資本提携です。

任天堂は今回の資本提携で、DeNA株式の10%を保有する大株主となりますから、DeNAの経営方針に関して大きな影響力を持つことになります。

DeNAは任天堂に比べれば、まだまだベンチャー企業であり、「何をするかわからない」「少し信用ならない」という不安を任天堂は持っていたと推測できます。

が、DeNAの株式の10%を持つことで、任天堂はDeNAに対して「勝手な真似は許さない」大きな影響力を持つことができます。DeNAの大株主となることで、任天堂としては、安心して業務提携が出来るわけです。

この点も、DeNAと任天堂の業務資本提携の大きなポイントといえると思います。


スポンサード・リンク




任天堂の倒し方知ってる?あの会社は・・・

今回の任天堂とDeNAの業務資本提携は、これまで対立してきた家庭用ゲーム機の任天堂と、スマホゲームのDeNAが手を取り合って協力していくと決めたところに、 大きな意味があると言えます。

スマホゲーム大手でDeNAの最大のライバル、GREEは、

「任天堂の倒し方知ってる?俺ら知ってるよ。」

という旨の発言を社員がした、とされてネット上でかなり話題になりました。

日本のスマホゲーム市場が飽和し、成長が停滞している今となっては、かなり

痛い発言

であったことが明らかになりつつあります。

一方、DeNAは、ゲーム界の巨人・任天堂に喧嘩を売るのではなくて、対等な形での業務資本提携を行って、協力していく選択をしました。

この決断・選択は、DeNAの今後にとって分水嶺となるべき大きなものになるかもしれません。

日本のスマホゲーム市場に留まっていては、先が見えない。

かと言って、世界に打って出るだけの知名度と実績もないから、世界で戦うのはなかなか厳しい。

このような現状を打破するべく、任天堂と業務資本提携までこぎ着けたDeNAの経営陣はとても優秀だと思います。

DeNAの株主も、

良くやった!!

と思っていることでしょう。

 

一方、GREEにとっては、今回の両社の業務資本提携はかなりの痛手になるはずです。

マリオのスマホゲームに匹敵する「商品」はほとんど無いからです。

任天堂以外のゲームメーカーと提携しても、今回の任天堂との業務提携に比べたら、そのインパクトは微々たるものになってしまいます。

 

このように考えると、任天堂とDeNAの業務資本提携は、

スマホゲーム業界の生き残り競争で、DeNAが一歩前進どころか10歩前進した

といえるかもしれません。

 

DeNAは、横浜ベイスターズを買収したり、任天堂と業務資本提携をしたり、一歩一歩

一流の大企業

への道を歩んでいるように思えます。ソフトバンクや楽天が歩んできたような道です。

 

DeNAの株を買うなら、今かも!?

しれません。


スポンサード・リンク




この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • 0
  • 1
  • 0

0 comments