宝塚を退団する相武紗季実姉音花ゆり、退団理由は結婚?


芸能

相武紗季の実姉、音花ゆりが宝塚を退団。気になる本名や退団理由をリサーチ!

女優として活躍中の相武紗季さんの実のお姉さん、音花ゆりさんが宝塚劇団を退団するそうです。

それを伝えるのがこちらのニュース記事↓(一部引用。引用元:Yahoo!ニュース

女優・相武紗季(29)の実姉で宝塚歌劇団星組娘役・音花ゆり退団公演「黒豹の如く/Dear DIAMOND!!」が9日、兵庫県の宝塚大劇場で千秋楽を迎えた。

・・・中略・・・

終演後には雨の中、1万人が作った花道をパレード。トップ娘役・夢咲ねねらと、東京宝塚劇場公演千秋楽(5月10日)をもって退団する。

昨日の時点ではまだ退団ではなく、昨日の公演が、音花ゆりさんにとって、本拠地である兵庫県の宝塚大劇場での最後の公演になったとういことですね。

退団は、記事にもあるように5月10日の東京宝塚劇場での千秋楽のときみたいです。

 

さて、

相武紗季さんのお姉さんって宝塚だったんだ!

と思った方も多いはず。

そこで、この記事では、今回宝塚を退団する音花ゆりさんについてリサーチリサーチ。


スポンサード・リンク




相武紗季の実姉、音花ゆりの本名ほかプロフィール

音花ゆりのプロフィール

音花ゆりさんについてのWikipediaの内容をまとめると、

  • 音花 ゆり(おとはな ゆり、12月16日 – )は宝塚歌劇団・星組に所属する娘役。
  • 兵庫県出身。愛称は「ゆり」「ころ」「ポチ」。母は宝塚OGの朱穂芽美、実妹はタレント・女優の相武紗季
  • 1999年4月、宝塚音楽学校入学。第87期生。
  • 2001年3月、宝塚歌劇団入団。
  • 新人公演で娘役スターの役を複数回与えられたほか、歌手としての起用が多い。2006年には童謡CD『Quatre Saisons』のメンバーに選抜され、同年のショー「ネオ・ダンディズム」にて初めてエトワール(ソロ)を与えられた。
  • 2015年5月10日、『黒豹の如く』/『Dear DIAMOND!! -101カラットの永遠の輝き -』の東京公演千秋楽をもって、宝塚歌劇団を退団予定。

また、音花ゆりさんが歌っている様子について紹介する、Twitterの動画付きツイートがありましたのでご紹介します。

  生年月日については、誕生日しか情報がないため、音花ゆりさんが今何歳なのか?ははっきりしないですが、 妹の相武紗季さんが29歳ですから、30歳以上であることは間違いないようです。

上の経歴のなかで、音花ゆりさんが「エトワール」を務めていたことが記載されています。

エトワールとは、宝塚ショーの始まりを告げるソロ歌手の役で、歌唱力が優れていないと抜擢されない役柄だそうです。

歌に自信を持つタカラジェンヌであるなら、誰しもが憧れる役、それがエトワールなのですね。


スポンサード・リンク




音花ゆりの本名は?

音花ゆりさんの妹さんである女優・相武紗季 さんの本名は、芸名と同じく「相武紗季」であることは結構知られています。

では、音花ゆりさんの本名は?気になったのでリサーチ。

音花ゆりさんの本名は「相武由莉(あいぶゆり)」

で間違いないようです。

 

音花ゆりが宝塚を退団する理由は?結婚が退団理由!?

宝塚を退団するタイミングは、劇団員それぞれが決められるらしいです。

この点について、元宝塚歌劇団宙組の貴羽右京さんは、ご自身のブログで

例外で組という枠を超えたプロフェッショナルとして『専科』という形で残られる方もいらっしゃいますが、
入団したらほぼ必ず、退団する日がやってきます。
宝塚歌劇団は団員のことを『生徒』と称している為、『卒業』ともいいます。

退団する時期は自分で決めます。
大体の皆さんは、ある日突然・・・

「あっ、辞めよう!」*・゜(゚∀゚)゚・*と、神が降りてきます(笑)

と仰っています(引用元はこちら

ですから、音花ゆりさんも、今回の退団に際しては、何かしらの考えをもって「辞めよう」と考えたのだと思われます。

気になるのは、その理由です。

巷の噂では

「音花ゆりさんは、結婚するからやめるのでは??」

との見方もあります。

が、一生懸命リサーチしましたが、結婚が音花ゆりさん退団の理由という確固たる情報はありませんでした。

結局のところ、本人のみぞ知る・・・

ということでしょう。

 

音花ゆりさんの今後の活動は?

歌自慢が揃っている宝塚で、歌唱力抜群の証であるエトワール役を何回も務めてきた音花ゆりさんですから、その歌声は余裕で歌手レベルということが出来ます。

そうなると、歌手としても今後活躍出来そうです。

しかも、元タカラジェンヌとしての女優業にも進出できます。

元タカラジェンヌの女優さんって、結構いますし、皆さん活躍されています。

個人的には、元タカラジェンヌが歌手として活躍する様子も見てみたいと感じます。

 

音花ゆりさんの宝塚での公演が見られるのは、5月10日の東京宝塚劇場千秋楽まで。

タカラジェンヌとしての音花ゆりさんを見たい場合は、何とかしてチケットを手に入れなければなりませんね。

0 comments