日本郵便のスマートレターは追跡不可。クリックポストと比較してみた。

社会政治経済

日本郵便の新サービス、スマートレターは追跡不可。ヤフオクには不要?

ヤマト運輸が今年の3月いっぱいで「メール便」のサービスを廃止しますが、そのタイミングに合わせて、日本郵便が新サービス「スマートレター」を開始するようです。

それを伝えるのがこちらのニュース↓(引用元:Yahoo!ニュース

日本郵便は4月3日から、専用封筒を使って全国一律180円(税込)で発送できる郵便サービス「スマートレター」を開始する。

レターパック同様に、専用封筒を購入して荷物(信書も可)を入れて郵便窓口またはポストから送る。封筒はレターパックの約半分のサイズ(25×27センチ)で、厚さ2センチ、重さ1キロまで。レターパックとは異なり、追跡サービスはない。

専用封筒は郵便局や、切手類販売所(コンビニなど)、通販サイト「切手SHOP」で販売する。

レターパックライトは厚さ3cm・重さ4kgまで送れて料金は税込360円ですから、スマートレターはレターパックライトの半額となっています。

が、安い!と思って飛びつくのは少し気が早いようです。

なぜなら、スマートレターには追跡サービスが無いからです。

スマートレターには追跡サービスが無い

ヤフオクやネットショップでの商品発送に欠かせないのが、荷物の追跡サービスです。

発送した商品が今どこにあるのか?

遅配していないか?

購入者の方は無事受け取ったか?

がほぼリアルタイムで分かる追跡サービスは、オークション出品者やネットショップオーナーには、必須のサービスだと思います。

私もネットショップを運営していますが、売上を確定するタイミングは、追跡サービスを利用して購入者さまが商品を受け取ったことを確認してからです。

スマートレターという新商品を打ち出す日本郵便の狙いについては後述しますが、追跡サービス不可という理由から、スマートレターはヤフオクなどのオークションではあまり使われないのでは?という意見がネット上では強いようです。

さて、とは言っても、全国一律税込180円という安さは魅力的ですから、場面によってはスマートレターを使いたいことがあり得るかもしれません。

そこで、日本郵便の似たようなサービスである「レターパックライト」「クリックポスト」「スマートレター」を比較してみました。


スポンサード・リンク




スマートレター・クリックポスト・レターパックライトの比較

ここでは、スマートレター・クリックポスト・レターパックライトの3サービスを比較します。

※クリックポストというサービスはレターパックに比べてあまりメジャーではありませんが、主にヤフオクの出品者が多く利用するサービスです。

スマートレター・クリックポスト・レターパックライト比較表

 スマートレタークリックポストレターパックライト
価格税込180円税込164円税込360円
大きさ25cm ×17cm(A5サイズ) 34cm × 25cm(A4サイズ)34cm × 24.8cm(A4サイズ)
厚さ2cmまで3cmまで3cmまで
重量1kgまで1kgまで4kgまで
差し出し場所ポストへの投函ポストへの投函ポストへの投函
差し出し方法専用封筒専用封筒の指定なし専用封筒
信書の送付送付可送付不可送付可
追跡サービス無し有り有り
注意事項プリンタ必須

 (参照元:日本郵便HP

こうやって表にしてみると、スマートレターとクリックポストの違いがあまりはっきりとしませんね。

スマートレターとクリックポストの違い、メリット・デメリット

スマートレターとクリックポストを比較すると、スマートレターが税込180円であるのに対してクリックポストは税込164円と、16円安いですし、送れる大きさも厚さもクリックポストの方が上です。

しかも、スマートレターでは利用できない追跡サービスも利用出来ます。ですから、

スマートレター要らなくね?クリックポストで良くね?

という意見がネット上では多く見受けられます。

しかし、クリックポストには無く、スマートレターには有る特徴が、

信書を送付することが出来る

という点です。

信書って何!?という感じでしたので、「信書」についてリサーチ。


スポンサード・リンク




信書って何だ?

日本郵便のHPでは、信書について以下のように説明されています。

「信書」とは、「特定の受取人に対し、差出人の意思を表示し、又は事実を通知する文書」です。

・・・よく分かりませんね。。この文言は郵便法に規定されている文章のようです。

信書の例示が、総務省の「信書のガイドライン」に列挙されていましたので、引用します。

  • 書状
  • 請求書・納品書・領収書などの類
  • 会議招集通知等
  • 許可証等

ココで言う書状とは一般にいう「手紙」のことです。

スマートレターではこのような信書を送ることができますが、クリックポストでは出来ません。

ところが、

で、信書が送れると何か良いコトあるの?

と疑問に思ってしまったので、もう少しリサーチ。

詳しく厳密に調べていく過程で、郵便法・信書便法・総務省HPをくまなくチェックしていく必要がありましたが、

結局のところ、行き着いた先は

宅急便等の「小包」で信書を送ってはイケない

ということです。

そのため、ヤマト運輸が3月いっぱいで提供を取り止めるメール便は、信書を送ることが出来ませんでした。

しかし実際には、多くの利用者がメール便の中に信書を同封してしまっていたため、ヤマト運輸のみならず発送者も法律で罰せられる危険性がありました。

このような危険性をなくすため、ヤマト運輸はメール便の廃止を決定したわけです。

「信書が送れる」ということ以外、クリックポストに劣ると考えられるスマートレターですが、

ヤマト運輸のメール便ではダメでしたが、ウチのスマートレターでは信書送れますよ!!皆さん!!

という日本郵便の主張が見え隠れしているような気がします。

完全に自己満足のように思われますが。。。

 

ちなみに、宅急便で商品を送る際に添付する納品書や請求書・サンクスメッセージなどは、信書にはあたらないと解釈されています。

一般の方が信書を送る場面というのは、手紙を書くときですから、その際には通常、普通の郵便を使いますよね。封筒に切手を貼る、いつものやつです。

そう考えると、スマートレターで信書を送る、という場面は企業ならともかくとして一般人にはあまりないのかなぁと考えます。

つまり、

スマートレターは日本郵便の自己満足

と言うことが出来る?かもしれません。

スマートレターが、今後全く普及しなかったら、自己満足確定ですね。

スマートレターの普及度合いに要注目です。


スポンサード・リンク




この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • 0
  • 2
  • 0

0 comments