「ホウ!」と吠える雄叫び声を出す琴勇輝関が白鵬に叱られる。動画もご紹介。

琴勇輝の声

「ホウ!」と声を出して吠える琴勇輝関、白鵬に叱られ凹む。

【画像引用元→By FourTildes (Own work) [CC BY-SA 3.0], via Wikimedia Commons

地味に相撲ファンのワタクシですが、白鵬関連の相撲ニュースで気になる記事が1つ。

それがこちら↓(一部引用。引用元:Yahoo!ニュース

大相撲の西前頭12枚目・琴勇輝(23)=佐渡ケ嶽=が5日、仕切りの雄たけびパフォーマンス「ホウッ!」問題の結論をいまだ出せずにいると明かした。

先月24日の力士会で、横綱・白鵬(29)=宮城野=から東同12枚目・千代鳳(22)=九重=とともに「犬じゃないんだからほえるな」と注意を受け、悩みの種に。

・・・中略・・・

序二段だった6年以上前から続けファンにも浸透しているだけに、突然の横綱からの“禁止令”に琴勇輝は「ルーチンの一つだと思うんだけど…」と雄たけびを上げずに小声で意見。


スポンサード・リンク




仕切り前のルーティンは、各力士それぞれ特有のものがあります。

たとえば、高見盛は胸を大きく張って両腕を振り下ろす動作をしていましたし、塩を高く撒く力士もたくさんいます。

横綱の日馬富士も、立会の前に地面スレスレまで顔を近づけます。

琴勇輝関の「ホウ!」という雄叫び声・吠えるような声も、このようなルーティン・ワークの1つと考えられてきて、6年間とくに問題になったことはなかったのですが、今回の横綱白鵬の注意によって問題が顕在化してしまいました。

では、琴勇輝関の「ホウ!」という雄叫び声はどのようなものなのか?動画を探していたら、一般の方が撮影した動画youtubeにありましたので、ご紹介させて頂きます(ホウ!は3:00頃からです)↓

いかがだったでしょうか。

雄叫び声とか吠える声とか言われているので、もっと激しいモノだと思いきや、

そうでもないなぁ

と感じたのは私だけでしょうか。

白鵬は「犬じゃないんだから」と琴勇輝関を叱っていますが、そこまで叱るような音量・声量では無い気がします。


スポンサード・リンク




白鵬、審判団批判問題でイライラしてる?

先場所優勝回数で大鵬を抜いた白鵬ですが、その大記録よりも、別の問題で注目を集めてしまいました。

それが、稀勢の里戦での取り直しについての審判団への批判発言です。

白鵬はテレビ番組(バラエティ番組)で、お騒がせしていることについて謝っていますが、自らの発言それ自体については謝罪してません。

まだ、審判団批判問題の火種はくすぶっていると思われます。

実際、取材陣はチャンスがあれば審判団批判問題の質問を白鵬にぶつけ、その度に白鵬関はイライラしているようです。

このような「イライラ」が、今回の琴勇輝関への注意に繋がったのでは?

と考えます。

そして、「ホウ!」という吠えるような雄叫び声は、そこまで問題では無いのでは?

とも思えます。

ほとぼりが冷めるまでは控えて、白鵬の機嫌が治ったら、また再開すればいいのではないでしょうか。

少々セコいですが。

 

朝青龍がいたころは、白鵬=善、朝青龍=悪 のような構図になっていたので、

白鵬には良いイメージがあるのですが、

あんまりイライラしている白鵬を見続けたら、印象が悪くなってしまいます。

白鵬関には、大横綱としてもう少し落ち着いて欲しいなぁ、と思います。


スポンサード・リンク




この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • 0
  • 1
  • 0

0 comments