元首相鳩山氏が検討中のクリミア訪問の目的とは?

鳩山由紀夫クリミア訪問

元首相の肩書で暴れまくる鳩山氏、クリミア訪問の目的ってなんだ?

元首相・鳩山由紀夫氏が、来週にもロシアが一方的にその領土に編入したクリミア半島への訪問を検討しているそうです。

これを伝えるのがこちらのニュース↓(一部引用。引用元:Yahoo!ニュース

鳩山由紀夫元首相来週にも、ロシアが一方的に編入したウクライナ南部・クリミア半島の訪問を検討していることが5日、分かった。外務省は「クリミアに対するロシアの主権を容認したと誤解されかねない」と強く中止を求めている。

・・・中略・・・

クリミア半島を巡っては、ロシアが昨年3月18日、一方的にウクライナからの独立と自国への編入を宣言。日本を含む主要7カ国(G7)は「国家間の合意なく領土の帰属変更を行うことは国際法上認められない」として承認していない。

日本は、ロシアの一方的なクリミア編入に対して一貫して反対の立場を取っていますから、

「元首相」の肩書を持つ鳩山氏がクリミアを訪問したとなれば、

「日本は、ロシアのクリミア編入を事実上容認した!」

とロシア・世界から思われても仕方ありません。

そのため、外務省は強く反発しているわけです。

(上記画像引用元:”Hatoyama Yukio 1-3” by Jerry Morrison – File:Robert Gates and Yukio Hatoyama 20090821 1.jpg. Licensed under パブリック・ドメイン via ウィキメディア・コモンズ.)

ネット上では、

  • パスポートを没収しろ。下手な事を言うと暗殺されるぞ。
  • 人ってこんなに迷惑振りまく生き方が出来るんだな。
  • 外務省と公安仕事しろw

などと、鳩山氏のクリミア訪問に呆れる意見が多く見受けられました。

 

今回に限らず、鳩山氏は政界を引退してからも、独自の外交活動(?)を行って、日本政府や官僚達を困惑させています。

では、今回、鳩山氏が検討しているクリミア訪問の目的とは何なのでしょうか?


スポンサード・リンク




鳩山氏が検討しているクリミア訪問の目的って何だ?

鳩山氏が来週にも予定しているクリミア訪問ですが、訪問の目的について、ニュース記事では下記のように説明されています(引用元:同上)

関係者によると、鳩山氏は5月に東京で開かれるロシア文化フェスティバルの日本側の組織委員長を務めており、準備のために来週モスクワを訪問。その後にクリミアへの渡航を計画している。

鳩山氏は「ロシア文化フェスティバル」という活動の組織委員長を務めていて、その準備をするためにロシアの首都であるモスクワに訪問、とされています。

ロシア文化フェスティバルとは何だ?と思ったのでリサーチ。

ロシア文化フェスティバルは今年で10年目。まともな活動をしている。

ロシア文化フェスティバルの公式サイトはこちら↓

ロシア文化フェスティバル

サイトを見ると、ロシア文化フェスティバルは2006年から毎年、通年で色々なコンサートや公演・劇・美術展・バレエなどを開催していることが分かります。

バレエやクラシックコンサートや劇などのロシアの文化を、日本で普及させるための活動といってもいいかもしれません。

至極まともな活動だと言えます。

そして、鳩山氏はこのロシア文化フェスティバルの「日本組織委員会委員長」の肩書を持っています。

また、ロシア側の組織委員会のトップにはロシア連邦国家院議長やロシア連邦大統領顧問など、政治家の方々が名を連ねているので、ロシア文化フェスティバルはロシアが国をあげて取り組んでいる活動なのでしょう。

ロシア側の組織委員会に政治家を入れるなら、日本側の組織委員会にも政治家を入れよう。

そして、あわよくば、その日本政治家をロシアのために使おう。

という形で、鳩山氏に声がかかった、と想像するのは飛躍し過ぎでしょうか。

 

鳩山氏はロシアに飼われている?

鳩山氏はロシア文化フェスティバルの日本組織委員会委員長を務めている以上、その役務に対する対価、つまり報酬を受け取っているはずです。

その金額がどの程度かは分かりませんが、上場企業の役員報酬並みの報酬であってもおかしくはありません。

鳩山氏は生まれながらの資産家ですから、そのような報酬を「嬉しい」とは感じないとは思いますが、

ロシア側が鳩山氏を組織委員会委員長に抜擢したことに対して、鳩山氏は

「あぁ、わたしはまだ政治家として必要とされている」

と思い、「嬉しい」と感じているのかもしれません。

そう感じた鳩山氏が、ロシアの為に有利な言動を取ろうとするのも自然な流れです。

そう考えると、ロシアは「元首相」の肩書を持つ鳩山氏を1つのコマとして使うことが出来るわけで、

「元首相を飼っている」状態、と言えるのかもしれません。

少し過激ですが。


スポンサード・リンク




クリミア訪問は鳩山氏の要望?ロシア側の要請?目的は?

今回、鳩山氏はロシア文化フェスティバルの準備のためにモスクワを訪問し、その後にクリミアを訪問する予定と言われています。

つまり、ロシア文化フェスティバルの準備のためにはモスクワ訪問だけで良いわけで、クリミア訪問はロシア文化フェスティバルの準備には全く関係ないわけです。

では、鳩山氏がクリミアを訪問する理由・目的とは何なのでしょうか?

また、クリミア訪問を言い出したのは鳩山氏なのかロシア側なのか、推測してみます。

 

まず、鳩山氏のクリミア訪問の目的・理由について。

私見ですが、鳩山氏のクリミア訪問の理由・目的は、

単に自分の自己顕示欲を満たしたいから

というものであると考えます。

後述しますが、これまでも鳩山氏は中国やイランを訪問して、日本の国益に反する言動を繰り返しています。

日本のことを考えれば、このような言動をしないはず。では、なぜするのか?

それは、

オレはまだまだ政治家として必要とされている!!

と感じたいからだと思います。

ですから、今回のクリミア訪問も、クリミアに訪問した先で何らかの言動をして注目を浴び、このような自己顕示欲を満たすことが目的なのでは?と推測します。

そう考えると、鳩山氏のクリミア半島訪問は、ロシア側から何らかの働きかけがあったと想像することは不自然ではありません。

 

鳩山氏の国益に反する過去の言動

首相時代にも「日本列島は日本人だけのものではない」など、「???」という発言をしてきた鳩山氏。

政界を引退した後も、中国やイランを訪問し、日本の国益に反する言動を繰り返しています。ここでは、そのような過去の鳩山氏の言動について少し整理してみます(参照元:Wikipedia)。

まず、2013年1月。中国訪問中の鳩山氏が尖閣諸島に関して、以下の様な発言をしています。

(日本政府の日本固有の領土であり領有問題は存在しないという立場に反して)「日中間の係争を認めるべきだ」

また、2013年6月には香港メディアのインタビューで、尖閣諸島問題について

中国側から日本が盗んだと思われても仕方がない。

ポツダム宣言に書いてあるでしょう。固有の領土は、北海道、本州、四国、九州。それが固有の領土だと。日本は戦争に負けて、それが固有の領土になったんです。この4つの島が固有の領土なんですよ。そのあとは連合国軍が決める島なんですよ、残念ながら

と発言しています。

日本政府は尖閣諸島は日本固有の領土であり、中国との領土問題は存在しない、との立場を一環して取っていますから、これに反する発言で、一部の政治家からは「国賊」とも批判されました。

つぎに、2012年4月のイラン訪問中。

国際原子力機関(IAEA)がイランを含む特定の国に二重基準的な対応をとっていることは不公平だ。

と、イランを擁護する発言をしています。

この発言も、日本政府の立場とは正反対の内容ですから、各メディアから一斉に非難を浴びています。

 

鳩山氏がこのような国益に反する言動を繰り返す目的は、想像するしかありませんが

自己顕示欲を満たすためだけ

と私は考えます。そこには一貫した政治的理念はあまりないのでは?と思います。

そう考えると、今後も「元首相」鳩山氏の暴走は続くのかもしれません。

 

アメリカでは、元大統領が外交で重要な役割を担うことがよくありますし、複数の元大統領が実際に外交の手腕を発揮してきています。

鳩山氏としては、「自分もそうなる!!」という感じで行動しているのかもしれませんが、

日本政府にとっては迷惑千万な話といえます。

もう少し、「元首相」の肩書の持つ影響力について、よく考えて欲しいものです。


スポンサード・リンク




この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • 0
  • 2
  • 0

0 comments