発見された戦艦武蔵の画像と動画がこちら

1938_Japan_Navy_battleship

 

撃沈された戦艦武蔵が海底で発見される。その画像は?

戦艦大和とともに旧日本海軍の代表的な軍艦である「戦艦武蔵」が、フィリピン沖の海底で発見されたようです。

この記事では、発見された戦艦武蔵の画像をシェアしたいと思います。

まず、戦艦武蔵の発見を伝えるニュースがこちら↓(一部引用。引用元:Yahoo!ニュース

戦艦武蔵がフィリピンの海底で見つかったと米マイクロソフトの共同創業者のポール・アレン氏がツイッターで明らかにしたことを受け、広島県呉市にある「呉市海事歴史科学館(大和ミュージアム)」の戸高一成(とだか・かずしげ)館長(66)は「写真は武蔵の艦首周辺とみられ、菊の紋章がはめられていた場所と、その周辺のロープを通す穴やくぼみが、大和型戦艦の武蔵の特徴と一致する」と興奮気味に語った。

そして「発見された海域や深度からいって、ほぼ間違いなく武蔵だ。今後、他の画像で沈んだ当時の様子が明らかになる可能性がある」と指摘。


スポンサード・リンク




・・・とあるように、今回発見された軍艦の一部が戦艦武蔵のものであることを、専門家も認めています。

戦後70年目の今年、代表的な旧日本海軍軍艦である戦艦武蔵が見つかるって、ロマンがありますよね。

で、画像を見れば、そのロマンも膨らむというもの。

マイクロソフト共同創業者のポール・アレン(Palul Allen)氏が、Twitterで沈没した戦艦武蔵の画像を投稿していますので、それを紹介します。

発見された戦艦武蔵の画像

今回公開された戦艦武蔵の一部とみられる画像は、巨大な錨の部分と、バルブの部分です。

発見された戦艦武蔵の錨の画像

メッチャカッコイイですね。。。


スポンサード・リンク




発見された戦艦武蔵のバルブの画像

 

ポール・アレン氏によれば、今回撮影された写真は他にもあり、さらには動画も撮影されるみたいです。 ポール・アレン氏がTwitterでこのように↓ツイートしていますので。

上のツイートの後半部分を簡単に和訳すれば、

「カタパルトやバルブエリア、砲塔砲などなど、これからビデオを撮影して公開していくよ」

となるかと思います。

いまから、戦艦武蔵の画像や動画が楽しみです。

引き上げ?とかしないのでしょうか。

戦艦武蔵の実物を見てみたいものです。

※追記(3月7日)※
ポール・アレン氏が新たな画像と動画をTwitterで公開しましたので、そのtweetをご紹介します。

 

 


スポンサード・リンク




この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • 0
  • 1
  • 0

0 comments