書き方が分からない漢字をiPhoneでソッコーで調べる方法

iphone6s

分からない漢字iPhone即座に調べる方法って!?

普段PCやスマホ、タブレットで文字入力をしていると、いざ手書きで漢字を書く場面になると、

「あれ、どうやって書くんだっけ?」

という場面によく遭遇するのは、私だけでは無いはずです。結構簡単な漢字でもど忘れします。

今回、書き方が分からない漢字を、iPhoneを使ってソッコーで調べる方法を見つけましたのでシェアします。


スポンサード・リンク




分からない漢字をiPhoneで即座に調べる方法

書き方が分からない漢字をiPhoneで調べる?

そんなの、メール入力画面とかで入力すれば終わりじゃん

と思われた方。その通りです。

しかし、メールよりも、メモ帳よりも、Safariのブラウザ検索窓よりも、手早く入力して調べることができるところがあります。

それは、

Spotlight検索

です。

Spotlight検索とは?

Spotlight検索とは、本来は主にiPhoneの中のデータから、あるキーワードを調べる検索方法です。

iPhoneのホーム画面を下にサッとフリック(スワイプ)すると、上の部分にSpotlight検索の検索窓が出て来ます。

このSpotlight検索窓に、書き方が知りたい漢字の読み方を入力すれば、ソッコーで書き方を調べることができます。

メールやメッセージ、LINE、メモ帳を起動するよりも手間が省けますし、ホント一瞬です。


スポンサード・リンク




ここでは、「挨拶(あいさつ)」という漢字の書き方が分からなかった場合に、Spotlight検索窓を使う様子をご紹介します。

まず、ホーム画面を表示して、下方向にフリック(スワイプ)すると、Spotlight検索窓が表示されます。

次に、そのまま「あいさつ」と入力し、確定は押しません。

すると、いつものように予測変換候補に「挨拶」という漢字が表示されますし、iPhoneが勝手にWikipediaの情報を表示してくれます。

ソッコーで分からない漢字の書き方が分かります。

iPhone漢字調べ方 iPhone漢字調べ方

 

  • iPhoneのロック解除(0.5秒)
  • 下方向にフリックしてSpotlight検索窓を表示(0.5秒)
  • 書き方の知りたい漢字の読みを入力(1秒)
  • 漢字が表示されて、書き方が分かる(1秒)

というように、3秒で漢字の書き方が調べられます!

おすすめです!

 

・・・と、しょうも無いiPhone便利ワザ?のご紹介でしたが、

地味にSpotlight検索窓は便利ですから、漢字の書き方以外のリサーチにも手軽に使うことができます。

私の場合、漢字の書き方を調べるのにSpotlight検索窓を使うようになって、

毎日30秒くらいの時短

になりました。マジおすすめです。


スポンサード・リンク




この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

0 comments