「カワイイ」は男女差別!?福岡のカワイイ区が3月で廃止に。

社会政治経済

「カワイイ」は男女差別?【画像:カワイイ区のシンボルマーク】

福岡市が2年半前に開設したネット上の仮想区「カワイイ区」を3月末で廃止することが明らかになりました。

カワイイ区に関しては、「『カワイイ』という言葉は男女差別を助長する」との批判が少数ながらあり、それが結構大きな問題に発展しました。

カワイイ区廃止を伝えるのがこちらのニュース↓(一部引用:引用元:Yahoo!ニュース

福岡市は、市のイメージアップ戦略として2年半取り組んできたインターネット上の仮想行政区「カワイイ区」事業を、3月末で廃止する。行政のユニークな情報発信事業として話題を集めた一方で、「男女差別を助長する」との批判も。

・・・中略・・・

滑り出しは上々だった。カワイイ区は2012年8月、観光やファッションなど福岡発の情報を世界にアピールしようとスタート。福岡出身のタレント、篠田麻里子さんを「初代区長」に起用した。・・・中略・・・市側にとっての誤算は、「カワイイ」という言葉遣いに対する批判だ。「男女差別を助長する」との批判が相次いだ。13年2月、市男女共同参画審議会は、事業の見直しを求める答申書を市長に提出。騒ぎが大きくなり、篠田さんは退任した。

「カワイイ」という言葉が果たして本当に男女差別なのか?の検討は後で行うことにして、カワイイ区への批判がすぐに「市男女共同参画審議会」という仰々しい会議体の議論につながったのか?について。


スポンサード・リンク




「カワイイ」は男女差別!の批判はわずか4件だった

ニュース記事では、「『男女差別を助長する』との批判が相次いだ」と記載されていますが、

実際にカワイイ区事業に対してあった批判の件数は4件。4件でも「相次いだ」というのか、微妙なところですが、

わずか4件

とも言えるでしょう。

なぜ、わずか4件の批判が、「福岡市男女共同参画審議会」という仰々しい名前の会議体の議論につながったのでしょう。リサーチしてみました。

福岡市の「男女共同参画を推進する条例」では、その第26条で

市長は、市が実施する男女共同参画の推進に関する施策又は男女共同参画の推進に影響を及ぼすと認められる施策について、市民等から苦情の申出があった場合は、福岡市男女共同参画審議会の意見を聴いたうえで、必要に応じて、適切な措置を講じるものとする

「市民等から苦情があった場合」とは、「市民等から(1件でも)苦情があった場合」という意味ですから、

わずか4件の「カワイイは男女差別!」という苦情・批判であっても、条例に従って福岡市男女共同参画審議会で審査する必要があったわけですね。

そして、福岡市男女共同参画審査会では「廃止も含めて大幅な見直し」という言葉が出るなど、カワイイ区の存続が危うくなりました。

これが、2013年の2月10日前後の話です。

 

ソッコーでカワイイ区長を退任した篠田麻里子の処世術

初代カワイイ区長に就任した篠田麻里子さん、その人気でカワイイ区が開設された当初から多くの区民を集めました。

しかし、カワイイ区に関するTweetは↑を最後に行われず。

「カワイイは男女差別!」問題が大きくなりそうと見るや、同年2月19日には自ら申し出て、

ソッコーでカワイイ区長を退任

しました。

このスピード感、やばいっすね。危機に対処する経営者バリの「君子危うきに近寄らず」の実践です。  

カワイイ区が話題を呼んだのは、やはりトップアイドルだった篠田麻里子さんの力によるものが大きかったですから、 篠田麻里子さんの突然の退任は、カワイイ区にとって大きな誤算だったと言えます。

2代目区長は、なぜかカナダ人ブロガーが就任しましたが、集客力という面では雲泥の差となりました。

こうして、篠田麻里子さんの退任をきっかけに、区民登録者やアクセス数は大幅に落ち込み、 もはや当初想定した影響力や事業性は達成出来ないとの判断となり、今年3月末のカワイイ区廃止につながったのだと考えられます。

もし、篠田麻里子さんが

「カワイイは男女差別なんかじゃありません!カワイイは悪くありません!」

と言って、頑張ってくれれば、また違った形になるのだと思いますが。。。  

さて、「『カワイイ』は男女差別を助長する!」との批判についてですが、コレ、どう思われますか?

「カワイイ」は男女差別なのか、検討してみることにしてみます。


スポンサード・リンク




「カワイイ」という言葉は男女差別を助長するのか?

まず、「カワイイは男女差別!」という批判の内容は、以下の様なものです。

  • 女性は可愛くあるべきだ、という意識を助長する
  • 女子はカワイイが望ましいとのメッセージを、税金を使って発信することは許されない

つまり、「女性は可愛くなくてもいいのに、可愛いことを強制する風潮になってしまう。これは女性差別だ!」ということでしょう。

言わんことは分からんでもないですが、コレに対して福岡市は以下のように反論しています。

「カワイイ」は「容姿ではなく、感情表現が豊か、明るく人なつっこい、いきいきと輝いている、情に厚いなど、考え方、話し方、振る舞いすべての要素に用いられるもので、人をいとおしい気持ちにさせるすべての魅力・センス」を指し、福岡の魅力そのもの

福岡市は、「カワイイは容姿についてではない」と言っています。

「カワイイ」の大部分は見た目や雰囲気から来ると思うので、苦しい弁明です。

さらに言えば、最後の「福岡の魅力そのもの」というのは、かなり無茶です(苦笑

 

私が考えるに、「カワイイ」というのは、見た目などの雰囲気が最重要であることは否定できません。

ただ、「キモカワイイ」という言葉があるように、単純に「美人」とか「キレイ」とか「整っている」という意味ではないと思われます。

こびとづかんとかも「カワイイ!」と騒がれてましたからね。あんなにキモい人形が。

つまり、

「カワイイ」=「美人、きれい、容姿が整っている」では無い

ということは少なくともいえると思います。

お世辞にも美人とは言えない女性でも、「カワイイ!」と言われることはあるわけですよね。

そうすると、「カワイイ」=女性差別とはいえないのではないでしょうか。

 

というか、仮に「カワイイ」=「美人・キレイ」という意味だったとしても、私は「カワイイ」が女性差別につながるとは思いません。

「カワイイ」が女性差別なら、男性に対して「カッコイイ!」と言うのも男性差別になりますよね。

 

おばさん達が、ある男性に対して「きゃー!カッコイイ!」と言う。

すると、そばにいた別の男性が

「そういうの、男性差別なんでやめてもらえますか?」

と言う。

もちろん、ナンセンスです。

しかし、「カワイイ」が女性差別だ、というのはこれと同じくらいナンセンスなのではないでしょうか。

 

美しいものを「美しい」、可愛いらしいものを「カワイイ」といってはいけないのでしょうか。

個人がそう言うのは問題無いと思います。

ただ、自治体などの団体が「カワイイを目指そう!」とか「美人を目指そう!」と言うことは問題になりますよね。

美=善

醜=悪

という構図を、行政側が大々的に言うのはOUTでしょう。

それは確かにそうかもしれません。

 

しかし、「カワイイ」と「美」は別の意味であることを考えると、

「『カワイイ』は男性差別を助長する!」との批判は的外れであることがいえると思います。

あなたはどう思われますか?


スポンサード・リンク




この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

0 comments